2010年12月21日

たらたら朝勉再開・・・

Collocations in Use(Advanced)、昨日から2unitsずつ始めた。うう〜ん難しいな。
上に行くにしたがってひねった言い回しが多くなるし、「辞書を使って答えなさい」みたいな問題が増えてくるな。これは仕方ないけど、明確な答えがない問題が多いのは困るな。
"Who do you think is the most stunningly attractive person have you ever seen?"
とかね。

例解を見てみると、"Of course my husband!"だって。ツマンネ。この問題がなんでcollocationに関連するかというと、attractiveを修飾する副詞はstunninglyが定番だっちゅうことなのです。

なかなか勉強になる問題もあって、書き換え問題。
His opponent made critical and damaging remarks about his honesty. (ASPERSIONS)
下線部をカッコ内の字句を使って書き換えるのだけど、正解は
His oppnent cast aspersions on his honesty.

正直、あんまり見ない表現ですな。criticized harshlyでいいじゃん、と思うワシはfluent speakerにはなれないな。まあこういうナチュラルで多彩な表現方法を手に入れましょうというのがこの参考書の趣旨であります。ワシがこれやってるのは、単語を塊(チャンク)で憶えてしまい会話に使えば、ええんではないかという戦略であります。チャンクをつなぐのはPhrasal Verbで。考えは間違ってないと思うが、肝心の憶えるということをやってないのでアキマセンな。

正直Advancedはかなりムズカシメのが多いような気がするので、ここまでやるならIntermediateを何度もやるほうがええような。しかしまあ、これは「勉強する」というよりは「勉強するクセをつける」方向性であります。かなり情けない話だな。しかし勉強、特に語学なんて「クセのもの」つう性格が強いのではないかな。毎日電車の中の暇つぶしにPBを読んできたワシは特にそう思うのである。

「風がひゅうひゅういう」のはthe wind howlsだけど、このレヴェルのも出てきた。こういうのがパッとでてくるかどうかがが英語が話せるようになるかどうかだろうな・・。

ワシがこの言い回しを知ってるのは、Bob Dylan師匠の名曲"All Along the Watch Tower"で出てくるからだ。Dylan師匠の何がええか、つうと実に上手いこと韻を踏んでるところ。

All Along the Watch Tower

"There must be some way out of here" said the joker to the thief
"There's too much confusion here,I can't get no relief
Businessmen they drink my wine, plowmen dig my earth
None of them know along the line what any of this is worth"

"No reason to get excited" The thief, he kindly spoke
"There are many here among us who think that life is but a joke
But you and I, we've been through that,And this is not our fate
So let us not talk falsely now, the hour is getting late"

All along the watchtower, Princes kept the view
While horsemen came and went Barefoot servants too,

Outside in the distance a wildcat did growl,
Two riders were approaching, the wind began to howl



アフロヘアーの創始者はジミヘンだという説があって、ディランに憧れてたジミヘンは"Blonde on blonde"のジャケットのディランの髪型を真似したらアフロになっちゃったと。

つまり、こうなるつもりが
dylan.jpg

こうなったと。
jimi.jpg

ウソでしょうな。
posted by デンスケ at 07:54| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。