2010年12月19日

ことし最後の一冊

"Starvation Lake"、届いたのでさっそく読み始める。50pほど。文章はそんなに難しくない。というか、ミステリそのもんですな。"The Coldest Winter"のみちみちに詰まった小さいフォントと長い文章をさいきんずっと読んできたので、老眼の目に優しい。ちゃんとストーリーがあるのもうれしい。面白い。当たり前ですが。

なんとか今年中には読めそう。"The Coldest Winter"は面白くて示唆に富む本ではあるけど、峻険な山みたいだ。少しずつ読み進めようっと。

たぶん"Starvation Lake"がことし最後の読了本になるだろう。ことしの読み始めはミレニアムシリーズで、これはやはり抜群に面白かった。東京出張のときに読み耽ったなあ〜。もうあれから1年か。早っ。しかしこれはスウェーデン語からの翻訳なので、ワシとしては勘定に入れたくない。

やはりオリジナルテキストを読んでナンボって気もする。でなきゃ、別に邦訳読んでも同じだしね。

23日休みなんで、そこで半分くらいまで。残りはまあなんとでもなるかな。360pくらいだし。

ことしは20冊前後で、10冊行かなかった去年に比べるとがんばったほうだと思う。もっともかなり荒っぽい読み方で、土日でまとめて、ってのが多かった。毎日20〜30pを読んでた2、3年前に比べてどうなんかいな。3年前は年間に40冊近く読んだけど・・・。まあ数が多けりゃいいってもんでないけど新聞やニュースを見聞きしようとするとどうしても冊数はいかないな。何も考えずにPBだけ読んでるのがいいのか、範囲を広げたほうがいいのか・・・。

所詮、趣味の読書なんだし。学習意欲の欠乏はTOEICでよおおく分かった。でも(ここまで来たなら)英語が喋れるようになれるかも?なんてスケベ根性で思ってしまう中途半端なワシであります(苦笑)。
posted by デンスケ at 20:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。