2010年12月15日

ロマンスもの・・・かな

ト・キ・メ・キ なんかを 探して〜♪ 誰の曲やったかな。バービーボーイズやったか。

厳しい寒波が訪れようとしているなか、みなさんお元気でお過ごしでしょうか。どこかでなんかトキメキをかんじてらっしゃる方がいらっしゃるようですが、PBでロマンスものを読んだことがあるかどうか、思い出してみた。

sontag.jpg

ない。そりゃ恋愛を描いた作品は多いけど、あくまでそれはサブストーリーであって正面から題材としたのは読んでないな〜。Susan Sontagの"The Volcano Lover : A Romance"というまんまなタイトルのを買ったけど、未読。18世紀末だかのイタリアやフランスを舞台にした歴史ロマンスらしいけど、最初ちょろっと読んだだけで頭が痛くなった。たいそう面白いらしいですが。

まあ日本の作品でも恋愛モノはほとんど読んでないし。いまだによく憶えているのでは高橋揆一郎という作家の「伸予」という作品で、1979だかの芥川賞受賞作、北海道出身では初だったらしい。夫と死別した元小学校教員の老未亡人が、もう中年になったかつての教え子と出会い・・・って小説ですがなかなか切なかったです。もう絶版だけど、図書館にいけばあるかも。中篇ですぐ読めます。

で、読んだのは20代前半なので「老未亡人」って設定に何にもギモンを抱かなかったのだけど、調べてみたら主人公は「49歳」・・・。まだまだな年齢ですやん、いまなら。やっぱり還暦過ぎないと年寄りってかんじはしないな〜。定年60歳が法制化されたのは1980年のことらしく、そんなに昔のことではないですね。それまでは55歳だったんだから、サザエさんの波平さんが54歳であんなに年寄りくさいのも、さもありなんってかんじですね。英検2次で「高齢化社会」の話題がでたら使えそうなネタですね。ガイジン面接官は波平さんは知らないか。はは。

「老女との恋」ってなら"A Widow for One Year" / John Irvingを読んだことあるけど、アーヴィングって作家は年上の女性にObsessionでもあるのか、"Until I Find You"って作品でもしつこく描いてるな。ミレニアムシリーズでも主人公ミカエルは年上女性とさっさといい仲になってるし(というか、女性と見れば手当たり次第というかんじ)、このへんちょっと違和感があったな〜。

逆パターンの作品って少ない気がする。"Lolita"が代表ですか。早く読んでしまいたいけど、どこへ行ったのか家の中で行方不明。年末の掃除で出てくることを期待しよう。しかし積読本ばっかりや・・・。

erickson.jpg

いわゆる「ロマンス」のくくりではないけれど、"Tours of the Black Clock "(Steve Erickson)
て本はオモロイで〜。ちょっと(というか、かなり)歪んだロマンスものといえるかも。殺人を犯しアメリカからヨーロッパへ逃亡した主人公は、ふとしたきっかけからヒトラーのおかかえポルノグラファーとなる。ヒトラーは自殺した姪、ゲリへの思いを断ち切れずそれが東方への侵攻に結びついたという仮定のもと、主人公の書くポルノで癒されたヒトラーはソ連と戦火を交えずイギリス、そしてアメリカへ。冒頭にシャイファーの「第三帝国の興亡」が引用されていて、ヒトラーが愛した女性はゲリだけであったという描写がある。かなりオススメです。

仕事いそがしっ。年末進行や〜。

posted by デンスケ at 07:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。