2010年12月24日

Starvation Lake / Bryan Gruley

starvationlake.jpg

370p、読了。予備知識なしで読み始めたけど、ハードボイルドタッチのミステリでした。一人称小説で、主人公はミシガンの小さな町(Starvatin Lake、要は題名は舞台となる町の名前)の少年アイスホッケーチームのゴールキーパーだった。州のチャンピオンシップマッチで大失策をやらかし、逃げるようにデトロイトへ。ここで大学を出て新聞記者となり、一大スクープをモノしかけたが、またもや大失策。結局生まれ故郷に戻り、小さな地元紙の記者として働いている。

ある日、Stavetion Lakeの瀬に古いスノーモービルが打ち上げられる。それは主人公を親身に指導し、10年前にそのスノーモービルを運転中に事故死したホッケーコーチのものだった。しかし事故死した場所は違う湖。事件を追ううちに、主人公は町とその人々の過去を知ることになるが・・・。という筋立てです。なんとなく「田舎町のリュウ・アーチャー」ってかんじだけど、アーチャーと違うのは探偵役が濃厚に事件にコミットメントしてるとこでしょうか。

まあ面白かったけど、登場人物が多く、伏線を回収しきれないまま強引に終わらせたというかんじ。でも続編があるらしいから、そこで展開されるのかもしれない。ちょっと人物の造形に難があるかな。やたら登場人物が多く感じるのは、そのへんが理由だと思う。キャラが立った人物が見当たらないのもイマイチと思う原因かも。まあデビュー作らしいから大目に見てあげよう、とオマエ何者やねん的な感想。

英文は普通。ワリとあっさりとした描写で読みやすい。ただ、グイグイと引っ張っていくような文体ではないような。amazonでの評価は高いけれど、ミステリファンにはけっこう読み応えがあるんではと思います。

アイスホッケーはゴールにタマ(パックというのか?)を放り込んだら得点、くらいしか知らない、つまり何にも知らないので、試合描写にはややツライものがあった。しかし適当な読み方は得意なのでさっさと飛ばし読み。登場人物も誰が誰やら(多い上にファーストネーム、ファミリーネーム、愛称、さらにその変形まで出てくるので混乱することおびただしい)よくわからない。海外ミステリの苦手な人は登場人物が憶えられないとよくいうけど、この本を原書で読んだら死にそうになるだろな。

ワシはあんまりそういうの気にならず、そのうち人間関係が整理されてくるでしょ、くらいにしか考えてない(要は雑)。誰が主役で、その人物をめぐってどういうことが起こるのかを注意していれば読めるもんです。きちんと関係を把握しないと気が済まない、つう人はきっとマジメなひとなんだろう。英語の勉強をしても、ひとつひとつ積み上げていくような学習スタイルを選択しそうな気がする。ワシはごく大雑把に基本だけ押さえてさっさと進んでいくスタイルなんだろうけど、どっちがええんでしょうね。前者は森で迷って勉強がイヤになりそうだし、後者は基本は押さえたと思っていてもすっぽ抜けてたり、大きな勘違いをしていても気がつかないという危険がある。

プレッシャーは明らかに後者のほうが少なそうだけど。

とまあ、お気楽そのものの読み方だな。ワシは大体あまり深く考えずに物事を始める傾向があって、よくいえば果断で行動的、悪く言えば軽率でお調子モンっつうことになりますな。しかしいったん始めたら、結構時代背景やらを調べたりするほうである。単語はあまり引かないけどな。ワシがヨタヨタしながらでもPBを読めるようになったのはこの性癖が大いに資するところがあるんではと思っちょります。いまはネットという便利なものがあるのだから、これを生かさない術はない。ワシは長年PBを読むことに憧れていたのだけど、読めるようになったのはインターネットの発達と気を一にしとるんであります。

とまあことし最後のPBも無事終了。やはりミステリは読みやすいなと思ったのでアリマス。

次回はじゃじゃーん。ワシ的2010ベストPBの発表です。乞うご期待あれ。
posted by デンスケ at 01:50| Comment(2) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

クリスマスですな〜

世間はクリスマスだけど、親なし子なし親戚なしの我が家ははなはだ季節感を欠いていて別に何をするとかいうでもない。25日に安くなったクリスマスケーキを買うくらいなモンであります。ことしはなんだかバタークリームのケーキが食べたくなって、確か不二家はまだバタークリームケーキを扱っていたなとHPを見てみたらもうとっくに予約が終わっていた。残念。

子供の頃は、町内会やらが公民館で「クリスマス会」ってのをやってて、色紙をチェーンにしたのやら、万国旗を飾り付けてたりして。なんで万国旗。でお菓子は銀紙にくるまれたチョコビスケットね。金色のも少しあったり。で、金色のが取り合いになる。ワシは「んなもん、中身一緒やろ」と、争奪戦には加わらなかった醒めたガキでありました。ぞんざいに銀紙を剥くと、残ってたりして噛んだらジーンと歯が痛いのなんのって。貧乏くさい話である。小学校の講堂で「映画鑑賞会」があって、ずいぶん怪獣映画を見たモンである。いまはさすがにそんなのないわな。

ワシがガキの頃の「クリスマス」つうのは大人はバーやキャバレーで三角帽を被りコメットを鳴らして馬鹿騒ぎするという風習があったらしい。1960年の東宝特撮映画「妖星ゴラス」の冒頭でそういうシーンがあるので昭和風俗史に興味のある方はDVD借りてみられたい。

ケーキがバタークリームから生クリームへ進化(?)したころから、ずいぶんマトモになってきたような。大学はいちおうキリスト教系なんだけど、特に宗教ががったとこは少なくて宗教学が必修であったくらいです。なんといっても大学の敷地は隣の相国寺の所有だもんな。なかなか寛容な話で日本の宗教事情を示す逸話といえるでしょう。こんな面白い話もネットで見つけてううむ、と。

このごろはそこらじゅうで盛大に飾り付けたクリスマスツリーを見かけますが、ワシの生まれ育った町で「クリスマスツリー」というと阪急夙川駅前のツリーでしょうな。昭和23年からというから長い歴史だ。このへんに住んでたアメリカ人が始めたんだけど、帰国に際して近所の花屋さんに5ドルを託して「ワタシガイナクナッテモ、ツヅケテクダサイ」ってことでそれからも毎年送金があったらしい。ところが日本のインフレを考慮していなかったのか送金額がずっと一緒で、一時期存亡の危機にあったらしいが地元住民の協力でいまも続いている。近年はイルミネーションもはなやかになってるみたいです。点灯式なんてのもあるみたい。

昨年のホワイトハウスのツリー点灯式。


しかし紹介のおっちゃんもわかりやすい英語やな。みんなこれくらいでしゃべれっ、ちゅうねん。

さて、長いことしまいこんでるソプラノサックスでも引っ張り出して"White Christmas"でも吹くかな。これは簡単だし、曲調がなかなかソプラノの音質とあったかんじでワシの下手くそさをさしひいてもエエ感じです。しかしリードが家にあるかな・・・。
posted by デンスケ at 08:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

たらたら朝勉再開・・・

Collocations in Use(Advanced)、昨日から2unitsずつ始めた。うう〜ん難しいな。
上に行くにしたがってひねった言い回しが多くなるし、「辞書を使って答えなさい」みたいな問題が増えてくるな。これは仕方ないけど、明確な答えがない問題が多いのは困るな。
"Who do you think is the most stunningly attractive person have you ever seen?"
とかね。

例解を見てみると、"Of course my husband!"だって。ツマンネ。この問題がなんでcollocationに関連するかというと、attractiveを修飾する副詞はstunninglyが定番だっちゅうことなのです。

なかなか勉強になる問題もあって、書き換え問題。
His opponent made critical and damaging remarks about his honesty. (ASPERSIONS)
下線部をカッコ内の字句を使って書き換えるのだけど、正解は
His oppnent cast aspersions on his honesty.

正直、あんまり見ない表現ですな。criticized harshlyでいいじゃん、と思うワシはfluent speakerにはなれないな。まあこういうナチュラルで多彩な表現方法を手に入れましょうというのがこの参考書の趣旨であります。ワシがこれやってるのは、単語を塊(チャンク)で憶えてしまい会話に使えば、ええんではないかという戦略であります。チャンクをつなぐのはPhrasal Verbで。考えは間違ってないと思うが、肝心の憶えるということをやってないのでアキマセンな。

正直Advancedはかなりムズカシメのが多いような気がするので、ここまでやるならIntermediateを何度もやるほうがええような。しかしまあ、これは「勉強する」というよりは「勉強するクセをつける」方向性であります。かなり情けない話だな。しかし勉強、特に語学なんて「クセのもの」つう性格が強いのではないかな。毎日電車の中の暇つぶしにPBを読んできたワシは特にそう思うのである。

「風がひゅうひゅういう」のはthe wind howlsだけど、このレヴェルのも出てきた。こういうのがパッとでてくるかどうかがが英語が話せるようになるかどうかだろうな・・。

ワシがこの言い回しを知ってるのは、Bob Dylan師匠の名曲"All Along the Watch Tower"で出てくるからだ。Dylan師匠の何がええか、つうと実に上手いこと韻を踏んでるところ。

All Along the Watch Tower

"There must be some way out of here" said the joker to the thief
"There's too much confusion here,I can't get no relief
Businessmen they drink my wine, plowmen dig my earth
None of them know along the line what any of this is worth"

"No reason to get excited" The thief, he kindly spoke
"There are many here among us who think that life is but a joke
But you and I, we've been through that,And this is not our fate
So let us not talk falsely now, the hour is getting late"

All along the watchtower, Princes kept the view
While horsemen came and went Barefoot servants too,

Outside in the distance a wildcat did growl,
Two riders were approaching, the wind began to howl



アフロヘアーの創始者はジミヘンだという説があって、ディランに憧れてたジミヘンは"Blonde on blonde"のジャケットのディランの髪型を真似したらアフロになっちゃったと。

つまり、こうなるつもりが
dylan.jpg

こうなったと。
jimi.jpg

ウソでしょうな。
posted by デンスケ at 07:54| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。