2010年11月14日

英文ブログ、コスモス、うどん

以前からアウトプット強化のため英文日記を始めたいなあ〜なんて思ってた。昨日、英文ブログを開設しようとseesaaで試しに作ってみたがどうもフォントがショボクて冴えない。というわけでヨソで作ってみたら、なかなかええかんじである。中学生の英作文みたいな文章を除いては・・・。

日記といっても書くネタがないので、散歩を兼ねて武庫川沿いのコスモス園を見に行ってきた。武庫川と仁川が合流する地点のちょい北のへん。阪神大震災後、不法投棄場所となってたのを地元で整備し、コスモスをいっぱい植えたのである。ちょうどいまが見ごろ。

TS3P0001.jpg


チビダックスも連れて行った。コイツは外でオシッコできないので、あまり遠いところへは連れて行けない。それに車に乗せるとウルサイ。クソ寒いときでも窓から身を乗り出したがる。寒いときに熱心に外を見てたけど、ハナをたらしてた。なぜそこまでして見たがるのか・・・。

車で20分くらい。臨時の駐車場もある。(公共交通機関ではたいへん行きにくいところ、このあいだワシがTOEICを受けたところの近所。)なかなかキレイでした。

地元の工業高校がつくったソーラーカーが園内走ってたり、バザーっぽいテントで軽食を売ってたりで、のんびりしたいいかんじ。犬連れのひとも多くいて、犬嫌いのチビダックスはビビってました。
TS3P0006.jpg

クレーン車で少し高いところから見物できるサービスも無料でやっていて、20分くらい並んで乗った。心なしか、うなじに哀愁が漂ってるなあ・・。
TS3P0016.jpg

帰りにドライブイン式のうどん屋でうどんを食べて帰った。いなり寿司がうまかった。平和な一日。(いまのところは・・。)
TS3P0019.jpg

コスモスというと、「コスモスは 病みほほけたる姿にて 風にも耐えぬ痛ましき花」(うろおぼえ)という明治時代の歌人、前田純孝の短歌を思い出すけど、実際はなかなか生命力の強い逞しい植物のようである。なんで前田純孝なんて名前を知ってるかというと、30年ほど前にやってた「夢千代日記」に出てきたのだ。松田優作が扮してたような記憶が。


「夢千代日記」、ひさびさに見たくなったけど、レンタルのDVD出てないんだな。セルの全集はあるけどクソ高い。ワシは別にNHKの受信料についてはいいと思うけど、受信料を元に作ったドラマならもっと安くせんかい。同じ時期の「男たちの旅路」は正規レンタルがあるみたいだけど。
posted by デンスケ at 14:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。