2010年11月03日

On the Road / Jack Kerouac

辞書で有名なRandom Houseが発表している"100 Best Novels"っつうのがあって、これは20世紀に英語で書かれた小説が対象だったかな。Conradの"Heart of Darkness"は1900年だから19世紀のはずだけど・・・。まあ近代小説ってくくりでええんかな。
http://www.modernlibrary.com/top-100/100-best-novels/

批評家部門と一般読者部門に分かれていて、一般のほうの1位はAyn Randという作家。誰やそれ。聞いたことないぞ。調べてみたら、アメリカの作家・哲学者で強烈な自由主義信奉者であるとのこと。なんかちょっとカルトめいた人気があるとかで、組織票ではないか?なんてギモンも出ているとか。ふうん。あれやね、日本のベストセラーに必ず出てくる「ナントカの法」みたいなもんかいな。と書くと、どっちかの信奉者が怒り出しそうだな。

で、批評家部門のほうが一般によく引用されるんだけど、1位が「ユリシーズ」で2位が「ギャツビー」、以下有名な作品がズラズラ。恥ずかしい話しながら、翻訳でもあまり読んだことないな。「ギャツビー」、「キャッチ22」「八月の光」「心は孤独な狩人」くらいか。

原書で読んだことがあるのって、George Owellの"Animal Farm"ぐらいかしらん。もっとも、大学の英語の授業で1年かけてやっただけだけど。以前は"1984"のほうは力が入りすぎた失敗作という評価だったと思うけど、このリストでは上位に来てるな。ワシは"Animal Farm"のほうが面白いと思うんだけど。ユーモラスで、残酷で悲惨な作品だ。

このリストはコンテンポラリーなのは含んでなくて、ある程度評価の固まったのばかりだから原書で読んでないのもしゃあないんかいなと思うけど。しかし4位の"Lolita"と11位の"Under the Volcano"はいつか読破しちゃろうと画策している。どっちも持ってるけど、いまの英語力ではよめましぇん。シクシク。

もうひとつだけ原書で読んだことがあるのが、55位の"On the Road"だ。3年ほど前に読んだかな。洋書屋の500円均一に突っ込んであったので買ったんだけど、強烈な印象でした。内容は単純で主人公が相棒と連れ立ってアメリカ大陸を車で放浪する、その記録。

on-the-road-penguin-classic.jpg

何がいいって、文章の強烈なスピード感がいいんですよね。
"I first met Dean not long ago after my wife and I split up. I had just gotten over a serious illness that I won't bother to talk about, except that it had something to do with the miserably weary split-up and my feeling that everything was dead. With the coming of Dean Moriatry began the part of my life you could call my life on the road."

出だしのところだけど、グイグイと引っ張っていくような文体でずうっと続いてゆく。ケルアックはこの小説をわずか3週間くらいで書き上げたそうだけど、さもありなんというかんじ。書かれたのは1951だけど、発表されたのは1957で3年ほど前に発表50年記念とかで青山南さんが新訳を出してたような。でもこの作品はできれば原文のスピード感に酔うほうがいいと思うので、興味のある方は挑戦してみてください。楽しいよ。

この小説は"Beat Generation"の代表作みたいな扱いで、のちのヒッピーカルチャーやロードムービーに多大な影響を与えるのだけれど、ケルアック自身はどちらかいうと保守的でヴェトナム戦争にも賛成していたらしい。のちにアルコール依存症となりヒッピーに悪態をつくとかしながら1969に47歳で死んだんだとか。1922生まれだからワシのとーちゃんや水木しげる翁と同い年くらいやな〜。

ギャツビーで思い出したけど、この商標で男性化粧品を売り出してるマンダムはむかし「丹頂」って名前でポマードとか売ってたんだけど、「マンダム」が当たったので名前変えちゃったんだな。そのうち「ギャツビー」とかに代わるかも・・・。



「お前、アゴになんかついてるデ」
「え、どこどこ(とアゴをさわる)」
「う〜ん、マンダム」
posted by デンスケ at 18:54| Comment(10) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

税経セミナーatハーバーーランド

きょうは出張で大阪国税局が主催する「税経セミナー」ちゅうのに行ってきました。

なんでそんなのに参加したかというと有体にいうと「サクラ」である。こんなんやるからきまへんか〜というお知らせが会社にあった。参加人数少ないとブサイクだしな。理由はどうあれ、いまの経済動向を知るいい機会でもあり、ありがたく行かせていただきました。場所は神戸のハーバーランド。

ヨメハンに弁当いらんで、というのを忘れていた。持って行かないと「黙って怒る」のでこれがいちばん怖い。気候もいいし、外でお弁当食べるのも気持ちよさそうである。

平日だから空いていた。当たり前だけど、できた当初はもっと賑やかだったしなんか寂しいもんがある。しかし、海沿いでポートタワーやら眺めながら、「冷凍怪獣バルゴンはここから上陸したんだなあ」と思いながらお弁当を食べたのはなかなか楽しかった。しかし主観的にはどうあれ、客観的には「リストラされたことを家族にいえない中年オヤジ」がもぞもぞ弁当を食べてるようでもある。

そばのテラスcafeでエスプレッソを頼み、持参したPBを読みながらしばし休憩。うんうん、いいね。"Nickel & Dimed "の続きを読む。こんどはメイン州で老人ホームの介護士+邸宅の掃除婦の仕事を経験するという巻。フロリダと違い、ニューイングランドは白人ばっかりで人種的な問題は筆者にはなかったものの、ここもまた低賃金労働者(時給6〜7ドルあたりらしい)にはきわめて厳しい状況であることを知る。

nickel&dimed.jpg

なかなか面白いんだけど、単語がムズイ。1級単語のオンパレードってかんじである。だいたい小説(エンタメ系は特に)ってのはあまり難しい単語は出てこない。「難しい」というより、「知らない」単語が多い。特に動詞ね。評論とかでよく出てくる小難しい単語がボコボコでてくると「悪文」になるのじゃないかなあ。筆者はルポライターだし、新聞・雑誌によく寄稿してるらしいからこういう単語がでてくるのだろう。というわけで推測読みもできないのでなかなかツライもんがある。

時間が来たので会場へ。建設中のマンションの向こうに煉瓦のレストランが見えた。げっ。昔はここの「ウリ」だったのに。もはやどこにあるのか探すのも難しいかんじ。独身のとき女の子と来たなあ。誰とだっけ、思い出せない。たぶん、すぐふられたんだろうなあ・・・。

セミナーはまあまあ面白かったです。第一部は国税局の偉いさん(といってもワシより若い)の話でツマランなと思ってたらこれが意外と面白かった。移転税制とタックスヘイブンの話題。経済のグローバル化で、「どの国で課税するか」っつうのがますますややこしくなってるらしい。たいがいは租税条約(そんなもんあるんか、知らんかった)に基づくらしいけど、課税できる利益自体は一定なのだからその取り分でしょっちゅうモメるらしい。「無茶いわれたから15分で席を立ってホテルに戻った」とか、タフネゴシエイターでないと、なかなか難しいもんらしい。そらそうだわな。

第2部は税負担と福祉。大阪大学の教授の話。学者さんかいな、と思ってたら財務省のキャリアでいまは「出向」してるらしい。へ〜。フランス留学したり主計局にもいたとかで、バリンバリンのエリート官僚でんがな。これが聴きたかったのだけど、こっちはあんまり面白くなかった。高齢化+年金の負担増で消費税を上げないとどうにもならない、つう話でした。話を聴く限り、ホンマにヤバイ状況で、あまりにも高齢化のスピードが速いので1年2年がすごく貴重、いつまでも赤字国債を出し続けられない。先進国最悪の国債依存率にもかかわらずデフォルトに陥らないのは利率が極めて低いからで、少しでも利率が上がるとパンクするとか。しかしことしの参院選で菅首相が消費税に言及したとたん、敗北を招いたこともあり「誰が猫の首に鈴をつけるか」だな。国債の中央銀行引き受けなんて禁じ手をつかわなきゃならんかもな〜。要は近い将来消費税がドンと上がるということみたいでした。

セミナーが終わって、下の階でヴィレッジヴァンガードを発見。なにかっつうと、本屋+ジャンクな品物屋であります。世界一マズイ飲み物「メッコーラ」とか「きな粉アメ箱売り」なんかあったぞ。こういうとこはサブカルと強い関連がある、っつうことはワシが好きそうなマンガがいっぱい置いてあるということである。サブカル定番、丸尾末広の本がいっぱいあった。もう一方の雄、花輪和一はややメジャーに昇格したけど。岡崎京子の本もあって、懐かしかったな。事故で植物人間状態になって久しいけど、少し回復されたんだろうな。ここはまたゆっくり行ってみたいな〜。

650.gif

posted by デンスケ at 19:26| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

さあて、これからどうするかね

惨敗したTOEIC。さすがに落ち込むが、これでイヤになったら15年前に挫折したのと同じパターンであります。というわけで、けさも日課のCollocations in Useをやりました。あせらずに自分を信じて少しずつ前進していきたいと思います。

しかしあれですな。点数が悪いと思うと、CNN見ていてもなんか理解に自信が持てませんな。変わりないのにね(笑)。暗示というのは怖ろしいものです。まあマグレで1級取ってしまったのでちょっと調子に乗ってたという面は否定でけんな。しかし自信喪失気味よりはやや過信気味のほうが試験とかでは有利に働くと思うんだけどな。ワシはわりと一発勝負には強いのでそう思いますぞ。

さてアメリカの中間選挙はどうなるんでしょうね。民主党が苦戦必至とのことだけど、なんせ世界経済の行方が大きくかかってるからな〜。この間、DailyYomiuriに面白い記事が載っていて、どういうのかというと・・・。

次の経済危機はそれがどのようなものかはともかく、2012年に来るそうです。なぜなら、この年に米大統領選挙があるから。2008年の経済危機は景気浮揚策を取ろうとしてもそれは財政支出を伴うものなので、(特に)アメリカの納税者には受け入れられないものであった。結果、危機を認識していながら・・・。同じことが2012に起こるとかで、なかなか説得力がありました。

アメリカは大規模に総量緩和を行ってるので今後もドル安は止まりそうにないですね。空洞化が進行したアメリカで製造業の復権はあるのか?途上国もドル安に苦しんでいるらしいけど・・・。

日本もどうにかしなきゃならないわけで、それが「社内英語公用語」みたいなかたちで現れてきてるし・・。ワシはもう年取りすぎてるけど、本当にこれからの若い人は英語使えないとシンドイだろうな。ワシが若いときに言われてたようなものではなくて、非常にクリティカルな状況だし。それは同時に英語とはあまりにもかけ離れてる言語である日本の危機でもあると思う。

と、TOEICで碌に点数も取れない(←やっぱりスネてる)老人の戯言でございました。

P.S.さっきCNN見てたらジェリー・ブラウンが出ていて、年いったなあ〜。昔はリンダ・ロンスタットと付き合っていて、民主党の若手ホープだったのに・・。
posted by デンスケ at 07:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。