2010年11月07日

Nickel and Dimed / Barbara Ehrenreich

nickel&dimed.jpg
235p、読了。というか、
1.内容は興味深いけど、やや描写がくどすぎ
2.語彙がきびしすぎる
のでかなり飛ばし読みです。特にミネソタでWalMartの店員になってからはかなりめげました。
作者のブログ。なかなか面白そうなのですが、読む根性がない。特に女性には興味ある内容のエントリも多いみたいなので、がんばってコメント寄せてください。
http://ehrenreich.blogs.com/
(よく見たら去年の12月で更新止まってた。失礼しました。)

この本は60歳を目前にした筆者がアメリカの一般的な低賃金サービス業を就労し、その給料でやっていくという体験をまとめたもの。蟹工船みたいなもんか。低賃金で住居(トレーラーハウスやモーテル)を借り、食事をなんとかし通勤のガソリン代をいかに捻出するか。また仕事のきつさ。こういうのが延々と書かれてるので、あまりウキウキするような内容ではないのは当然。

仕事の内容が延々と書かれてるのは、固有名詞やらアメリカの日常生活を知らない身にとってはかなりキツイし、正直「もうええわ」というかんじ。どっちかいうと筆者が観察した他の労働者をもっと描いてほしかったな。最後の章で"Evaluation"として全般的なまとめや省察が書かれてるけど、ここは面白かった。

turumomo さんのコメントから、この本はアメリカの高校生の課題図書になってるという情報をいただきましたが、いや〜難しい。アメリカの高校生、こんな難しい単語が並んでる本を読んでるのかといささか凹みました。そういえばアメリカの高校生の必読書、"To Kill a Mockingbird"もかなり単語難しかったな。アメリカで高校生はやれんな。「青春白書」みたいなアメリカの高校生活は憧れだったんだやけどな。

アメリカは製造業が早々に海外移転し、入門レベルの労働者(Entry level workerと書いてある=スキルのない単純労働しかできない人々)はサービス業に従事せざるを得ない。しかし低賃金がゆえに次の職に替わる元手ができず、とにかくその日その日を過していくことに必死になるだけ。かくして、vicious circleが確立され貧富の差は固定していく。

しかしアメリカに限らず、日本でも同様なことが起こっているのは先刻ご承知のとおりであって、もはやかつて賞賛(?)された日本型終身雇用は限界に達しており、終身雇用を前提とする限り新規労働者を締め出さざるを得ないという結果になってるな。ことし、来年と日本の大学新卒者の雇用情勢はかなり悲惨な状況が予想されてる。今後どうなるんだろう・・・。

いまの大学進学率は4割くらいらしいですね。ワシらのころは25%くらいだった。親が大学は出とけ、つうのでありがたく行かせていただいたんだけど。それでも母親は心配して「調理師の免許取っといたら」なんて調理師学校に行かせようとした。「そんなもん要るかいな」とそのときは笑い飛ばしたんだけど、いまから考えたらなかなかの慧眼であるの〜。

とにかく「手に職をつけとけ」というのが母親の持論であってナマクラモンのワシはかなり心配の種であったみたいだ。たしかにたのきんトリオでも「手に職のある」野村義男がしぶとく生き残ってるしな。英語なんかも「手に職」の一種なんだろか。まあ確かにそのひとつではあろうけど・・・。

これでことし18冊だけど、あまりにもいいかげんな読み方なので勘定に入れていいかどうか微妙やの。21冊読めたら、カウントしないことにしようかな(笑)。

でまたまた関係ないけど気に入った曲を貼っとく(聞きたくなったとき便利なもんで)
posted by デンスケ at 09:20| Comment(2) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

毎日の学習

ネタもないので、毎日やってることを整理してみよう。

朝、5時半ごろ起床。前は5時起きだったが涼しくなったせいか寝坊気味。ドリルをやる。いまはCollcations in Useをやっている。これは5月くらいから仕事のある日は毎日欠かさずやってるのでいちおう生活の一部になってると思われる。小一時間かけて2unitを消化。いまで30unit終わったから、ちょうど半分。11月下旬ごろには終わりか。

あと英字新聞を読む、といいたいとこだが面白いニュースがないとサボりがちで見ないことも多い。日本の新聞は会社でいちおうさっと目を通すし、切り抜きもよく回ってくるのでえいやっとやめてしまった。新聞記事の面白いのがあれば読むし、なければ7時のCNNを見る。ヘッドラインニュースだけ。これも面白そうな続報あれば見る。10分くらい犬の散歩、10分でシャワーとヒゲソリ、10分で歯磨き+寝癖直しと忙しい。早く目が覚めてこれが7時半までに終わればブログを見たり。8時のCNNのヘッドラインをさっと見て、会社に。

会社の昼休みに英字新聞読みたいのだけど、なかなかこれが難しい。弁当食ったら、電話と窓口応対。集中力がそがれるので、読めないんですよね。いつになったらちゃんとした昼休みのある部署に代われるんやろう。帰宅後は勉強はしない。気が向けばPBをぱらぱら眺める程度。

休みの日とその前日はPBを読む。気分転換にCNN見たり。ワシはCNNとNHKニュース以外はTVは見ないのでTVに時間を取られることはない。以前通勤時間にPBを読んでたときは休日はよほど読みたくならない限り英語は完全オフでした。CNNも見てなかった(というより通勤時間が長くてそんなヒマなかった)。

けっきょくPBを読むのが週末に集中しただけで、平日の時間の使い方が・・・。かんがえなアカンな。

これからしたいことは、
1.句動詞、Collcationの整理。(ドリルをもう一度再確認)
2.新聞からのチャンクの転記。(けっきょく新聞を読むということ)
3.英文を書くこと。(来年の大きな課題だ)

平日ばっかりは難しいので、PBは来年はスピードダウンかな。1月1冊くらいか。ゆっくり味読したいと思います。ことしの目標20冊はなんとかしたいけど。昼休み30分でも英字新聞読めたらなあ〜。いまはせいぜい1日2時間もやってないので、一日2時間は確保したいです。

しかし語学番組・・・。やったことないし、割り込むスキがない。なんというか説明を聞いてるとイライラするんですよね。すごく勉強になるとわかってるけど・・・。その間、受動的にならざるをえないのがどうもイヤなのです。ネットを眺めてる帰宅後のヒマな時間をなんとかせえという感じだけど、それはそれである意味学習へのモチベーション維持になってるのでね。

なんだそれはといわれそうなヘナヘナな勉強内容だけど、こんなところ・・・。

ぜんぜん関係ないけどちょっといいの見つけたので貼って置こうっと。
posted by デンスケ at 23:12| Comment(8) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

Still the Bandwagon goes on

アメリカの中間選挙は民主党惨敗。下院は人口比による小選挙区だから、これが日本のような議院内閣制だったら政権交代でんな〜。経済が上向かないことへの不満の表れだそうだけど。

しかしGOPが主張する「国家支出を削減し雇用創出」ってどうやって実現するんだ?ワシは別にデモクラッツびいきではないけど、さすがに首を捻る。公約はどうアレ、議会を握ると現実路線に近づかざるを得ないだろうから、国家支出を削減するというのは難しい気がする。

英語を勉強し始めて、はじめてわかったのはアメリカ人はFederal Governmentが大嫌いってことですね。ミステリ読んでいてもFBIと地元警察の軋轢なんかすぐにでてくるし。アメリカで面白いのは地方自治体は住民の発願で実現するっつうことです。Tea Party運動もよくわからないところがあるけど、もともとアメリカ自体が紅茶への課税への叛乱を契機として独立したことを思うと、そういう思想がアメリカ人にビルトインされてるものかとも思う。

昨日、アイン・ランドという作家が(疑惑があるとはいえ)一般読者部門第一位ということを記事にしたけど、この作家、強烈なリバタリアンなんですね。ちらっと抄訳を見たけど、登場人物にその思想を生硬に語らせているだけで、小説自体としては評価の対象にならないのは当然ヤロナ、と思った次第。思想自体はまた別の問題であろう。日本ではよくわからないアメリカ人の考え方がうかがえる一証左なんだろな。

ネオコンの代表みたいないわれ方してた子ブッシュでさえ、リーマンショックが顕在化し始めたときに金融安定化法案をあわてて議会に出して当初否決されたことを考えると、今後どうなるんかいな?と思ってしまう。なんせ基軸通貨だけにねえ。英会話cafeでフィラデルフィア出身の若い男性と話をしてたときに、(バイブルベルトの共和党支持者は)「アメリカのことしか考えてないよ。だって、ヨソの国がどこにあるのか知らないような連中ばっかりだし」だと自嘲してたけど・・・。

「小さい政府」ねえ・・・。その意図するところは結構だと思うけど、結局のところそれだけではやってけない現実があるから政府支出が増大するのであって、日本の民主党と同じく「事業仕分け」みたいな支出削減は選挙向けパフォーマンスではないかと。少し前のワシントンポストの記事に「中国はわれわれの非効率な経済運営をあざ笑っているだろう」と自嘲的な記事が載ってたな。

続きはまた新聞をよく読んでから。
posted by デンスケ at 20:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。