2010年11月10日

ペーパーバックを読む〜英検1級対策

ワシは通勤時間の暇つぶしにPBを読み始め、なんか知らんが幸運に恵まれ1級取れた「丸儲け」的なタイプであるのは卑下自慢っぽく聞こえるまで書いてるのだけど、実際そのとおり。「芸は身を助く」ぽいかんじであります。勉強はしたデ。いっぱい読んだもん。ただし、あんまりツラクなかっただけで、これは幸運でした。

PBを読み始めたのは2006年の最初くらいから。2年経って準1受けてみようかなと思い、これは特に問題なく通過(2007-3)。で、そこで1級を受けてみるかと思い、前に書いたように英字新聞やら読み始め1年後に1級受検。1点差で1次敗退。次回(2009-1)で1次合格、2009-3で2次通過したわけで、丸4年かかりました。準1受かるまではPB読んでただけ。リスニングなんかまったくしなかった。ここまでで読んだ冊数は多分50冊くらいですかね。1級1次受かるまでにはもう25冊くらいは読んだかな。

準1受かるまでは月2冊ペースで1級1次までもほぼ同じなんだけど、準1以後は英字新聞やpodcastのリスニングが入ってきたし。2008年は1週1冊ペースで読んでました。それだけ読むのが早くなったんだろうね。

で。PBが英検1級にとってどうかというと・・・「十分条件ではあっても必要条件でない」でしょうね。英字新聞読まずに1級取ったひとは想像しにくいが、PB読まずに取ったひとは多いような気がする。(ここでいうPBはフィクションやら「読物」の類を指します。)

それじゃPBは役に立たないかというと、絶対にそんなことはない。ただ、短期的な即効性はないでしょうね。漢方薬みたいに、ジワジワ効いてくるというか体質改善に役立つかんじ。どっかのHPに「英検は新聞記事や評論が出ます。小説を読んでも役に立ちません」なんて書いてあって呆れたけど。たぶん、1級取ったひとが書いてるのだとしたら、PBを読んだことがないのだろう。

具体的に何がいいかというと、
・とにかく英文を読む絶対量が多いので、自然にコロケーションが身につく。
・知らない単語がでてこないほうが少ないので、未知単語が出てきても気にしなくなる。それでも何度もでてくるのは見覚えがあるので、引いてみたら1級単語だった、つうのが実に多い。
・小説好きだととにかく楽しい。苦にならないのに英語を吸収できる。
ええことだらけです。手っ取り早い結果を求めるのでなければ。

たとえば、近所の中高生に「国語が苦手で」なんて相談されたらどうするかね。たぶん、「本や新聞を読みなさい」と答えるのでは。「問題集をいっぱい解きなさい」っていうかな。これが英語だったら答えは逆転するだろう。なぜなら、日本での英語は試験を前提としているのが普通だからだ。

ワシが問題集を一切やらなかったのはこういう理由でアリます。あんまり試験のことは考えなかったし。その暇があれば、なんか読んでるほうが得策と判断したからだ。こういうちょっと極端なのはワシが特に英語に実利的な何かを求めてるというわけではなかったからだろう。なので、若いときには無理な話やったらやろな。これを「シルバー英語」というとります。

でも、「瞬間英作文」のひともPBを読むのはいいことだといっておられるぞ。きっちり勉強してきたひとも、英文を丸呑みにする逞しい胃袋を作ればすごおく飛躍的に英語力を伸ばせるかも知れない。逆に自分みたいにラクチンな方法を選んだのはわかりやすく壁にぶつかってるわけで(笑)。

うまくいえないけど、なにか壁を(例えば英検1級)超えるのはちょっとした飛躍が必要なのだろう。小学校のとき、跳び箱ありましたよね。なかなか自分の力だけで飛び越えるのは難しい。助走や、踏み切り板を蹴るタイミング、リズムよく手をつくとかすれば実は簡単だったり。

PBを読むのは、その助走やタイミングを整えてくれるものだと思う。楽しんで読めば、長期的には必ず力になると思うのですが・・・。
posted by デンスケ at 21:41| Comment(8) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

えびバーガー、半額まだ〜?

日本シリーズが終わり、野球も2010シーズンは終わり。中日vsロッテなんて組み合わせで中継がなかったりしたけど、最後はなかなか面白い試合でした。(第6戦はややグダグダでしたけど)

で、ロッテリアのセールを楽しみにしてたら・・・「ドリンク半額」ってなんゃそらあ(怒)!!
2005みたいにえびバーガー半額にせんかい!!2005は阪神があまりにも不甲斐ない負け方したので食べる気も起こらず、しばらく「ロッテ」という字を見るたびにむかついてましたが(笑)。

2003に阪神が19年ぶりに優勝したときはすごかったな。なにもかもタイガースの包装ばっかり。タイガースティッシュ、タイガースふりかけ、タイガース納豆。ワシも有志と語らい、紅白饅頭に爪楊枝に球団旗を巻きつけたのを刺して、「祝優勝」で会社のみんなに配ったりしてました。アホやな。

そのころは尼崎で働いてたんだけど、昼休みにご飯食べに行くと商店街では「六甲颪」がエンドレスでかかっていたりして、一種のトランス状態でした。そこの商店街の近辺はいわゆるRed Light Discrictで、優勝翌日「先着30名様半額」なんてやってましたなあ・・・。朝からやで(笑)。下に風俗通いしてる奴がいたので「行かへんの?」とたずねたら「休んでいいですか」と返答され「アホか」と叱った記憶が・・・。

2005は当時の女性市長さん自ら「風紀粛清」に乗り出してたので、そういう騒ぎはなかったです。

と、まあどうでもいい思い出(笑)。あ、2003はチビダックスにタイガースアロハを着せて甲子園球場の辺を散歩してたらTVの取材が。ワシもインタビューされましたがカットされてました(笑)。チビダックスにタレント犬としてオファーが殺到して左団扇という目算は外れました。残念。

来年、優勝せえへんかなあ・・・。
posted by デンスケ at 22:04| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

英字新聞を読む〜1級対策

きょうは早く目が覚めて(昨晩早く寝たからだ)、朝に比較的余裕があったのでじっくり英字新聞が読めた。ワシが取ってるのはDaily Yomiuriで、本当はJapan Timesのがいいと思うんだけど予算の都合によりDYを読んでおる。んなもんJTでもDYでも英語に変りはないヤロ、ごちゃごちゃいわんとはよ読まんかい、といわれたらそのとおりなんだけど。

なんでJapan Timesのが好きなのかつうと、記事のレベルがおおむね均一だからだ。Japan Timesは直接英文記事を起こしてるってのがウリで、国内記事もふむふむというかんじ。DYはどうしても読売の記事を翻訳してる関係か、アイテムによって極端な差があるように思える。

DYは紙面の真ん中へんに提携してるWashington PostやLos Angels Times、TIMESその他の外国紙から直接転載してるところがあるんだけど、これが難しい。向こうの人相手だから、背景知識があることを前提としてるので容赦ない難しさである。ここと国内記事との差が大きすぎるのよ。しかしJTはindependentの悲しさで、記事が致命的に遅い。あと高い。

日刊の英字紙なんてオーバーフローもいいとこで、95%くらい読んでないのじゃなかろかな。しかしこれが週刊だったらちょっと物足らないだろうし、とにかく毎日英文を読むというワシの最低限の基本ラインを守るためのおまじないみたいなもんだ。月額2650円もやむなしと思ってる。

んでですな。実のトコ英検1級の読解にはJapan Timesあたりを読むのがいちばんエエんじゃないかと思ってるのです。できれば毎日、それができないなら隔日とか。DYでもいいけど、上のアチャラ新聞の記事が難度高すぎなのが難点。これは読解対策ってのもあるけど、実は単語対策にも役立つんである。だいたい1級の単語ってのはややムズカシメの単語が多い。どちらかというと、1面記事よりArticleあたりでの登場頻度が高い。で、このへんを読むようにしていたらかなりの単語は拾えると思う。

ワシはPBをずうっと読んでたんだけど、さすがに受検が近づいてきたときにはできるだけ新聞を読むようにした。3ヶ月くらいかな。それまでは週2回くらいを半年まえくらいから。最初に読み始めたときの記事が民主党大会でオバマが指名を受けたのだったのは鮮烈に憶えている。それから金融危機がついに勃発しこのへんからかなりつめて読むようになった。

その少し前の夏くらいにざあっと1級単語らしきもの(ALKの11000〜12000語レベル)をさらっておいたのだけど、英字新聞を読むことで憶えられたと思う。1級単語、ボコボコ出てきた。別に意図した作戦があったわけじゃなかったけど、結果は大オーライでした。単語はどのみち憶えなきゃならないんだから、きっちりパス単やらやってきたのならグイグイ新聞を読み飛ばしていくのが吉だと思う。逆にパス単とかイマイチ憶え切れてないのなら、(ワシがそのタイプ)新聞読んで拾う。意外と単語を憶えた記事とかはどんなだったのか、憶えているものである。

遠まわりなようでも、「1級単語」というものの性質を考えると3ヶ月もあればかなり拾えると思う。経済記事ならbolsterやrevampなんてのは必須単語だし。新聞で憶えると、その単語が使われる状況を把握できるのが大きい。とにかく毎日目に触れるってのは大きいデ。

あとね、PodcastのABC World Newsをかかさず毎日見てたってのも大きかったな。volatileやらbailout、foreclosureなんて用語が毎日毎日でてきたしそれ以外でもなんか聞いたことや見たことあるなあ〜ってのがいっぱいあって、意味がはっきりわからなくても、こういう状況で使われる単語でしょ、ってのが本番にも出てきたりね。

ワシはパス単やってない。(まあALKの11000語以上でも似たようなもんだと思うけど。)それでも単語は20点〜22点あったから、大いに稼いだほうだと思う。1級語彙は穴埋めで、文章から適当な単語を類推するかたちだから、文意をつかむってのが単語の意味を憶えるのと同等以上に重要だと思ってるのです。なんで、いまくらいから新聞を頑張って読んでくといいかもよ〜。

単純すぎるヤロか・・・。ワシはこれで上手いこといったけどな。どうしても単語本で憶えるのが苦手という人には向いてるかもしれないので書いておきました。

でまたまた関係ない曲貼り付け。懐メロです。
posted by デンスケ at 17:52| Comment(10) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。