2010年11月17日

The problem we still live with

きょうのDaily Yomiuriにとてもいい記事があった。Washington Postからの転載。

Ruby Bridgesという女性の投稿記事で、この人が何を書いてたかというと50年前の自分の小学校転校のことです。この女性はアメリカで人種分離が違憲とされてから、公立学校で初めてそれまでの白人専用だった学校に登校した黒人児童4人(だったかな?)のうちの一人で、William Frantz校にはこのひとだけだった。


rockwell_the-problem-we-all-live-with.jpg
The problem we all live with / Norman Rockwell(1964)

上の絵はそのときの大騒ぎをノーマン・ロックウェルが後に描いたもの。ロックウェルはこんな絵も描いてたんだね。アメリカでは夙に有名なものらしいけど。"NIGGER"やらトマトを投げつけたあととか絵を見たらわかるように、大騒ぎだったらしい。それはまあわかるとしても、驚いたのはこの児童に教えることを承諾した教師がたったひとりの女性教師だったこと。1年間、ふたりだけで授業を続けていたんだとか。

ディープサウスのNew Orleansでは統合に反対することがむしろ当時の「常識」だったのかもしれない。しかしこの女性教師の勇気には本当に感動した。この教師がリベラルなボストン出身だったということも大きいんだろうね。もし、ワシがそこにいたとしたらこのようなことができたのか・・?絶対無理だな。 

登校の日、連邦政府の保安官が同行していたらしいけどこんな感想を残している。
"She showed a lot of courage. She never cried. She didn't whimper. She just marched along like a little soldier, and we're all very proud of her."
最後の"we're all very proud of her"がいいですよね。

ワシはただのオッサンだけど、こういうことがいえるオッサンでありたいと念願してます。
記事の全文はこちらにあるので、興味ある人は読んでみてほしいな。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/11/12/AR2010111202878.html

こういうのを読むたびに思い出すことがあるんだけど、じじいの昔語りなのですごくヒマな人だけ読んでくれたらいいか。
続きを読む
posted by デンスケ at 21:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

わからんことだらけやぁ〜

きょうはNewspaper holidayで朝、英字新聞読まなかった。ロクに読んでないくせに、読めないとなると妙に落ち着かない。まあHeadlineをさあっと眺める程度なんですが。

さて英語学習はなんかスランプ。新聞を読んでいても字が流れていくばかりであんまり頭に入らない。PBはとても読む気になれず。CNN見ていても、すぐに集中力が切れてしまう。疲れてるのかな。疲れるようなことはしてないけどな。一時的なものならいいけど・・・。

英文ブログをこそこそと書こうとしたけど、何を書いたらいいのか。しかたないので昨日の出来事をえっちらおっちら。「一時間ウロウロして、車で昼食へ」→ "After one-hour wandering, we drove to lunch." しばらく考えて、"we drove off to lunch"にした。なんとなくそのほうがいいと思ったので。

しかしな。"We drove to lunch"と"We drove off to lunch"とどう違うのかようわからん。だいいち、このoffってなんやねん。副詞だと思うのだけど、それならば動詞を強める意味なのか。とすれば、offはなくてもいいのか?どっちでもいいんかいな?

offといえば、もっとワカランのが"It's better off"って文だな。offはいるんか。調べたら、「ずっといい」くらいの意味らしいけど。"off"で「離れて」という意味があるからか。このへん、ホンマにワカランのだ。

高校生の頃はよかったな。ワカランことがあったら先生に訊けばよかったし。タダだし、質問したら喜んで答えてくれた。しかしな。ワシは一応英検1級持ってるのだ。高校の先生でも少数だっていうし。(ワシが教えてもらった高校の先生(3人)は全員1級持ってたと思う。昔の話しやけど。あんまり1級に先入観なかったのはそのせいか?)英検も文章読めて聞けたらそれでええのんとちゃうん?くらいしか思ってなかったので、あんまり文法的なことは考えなかった。1級持ってる国内学習者って、きちんとこの辺をつめてるのか・・・。

それがいま、ツケとして回ってきてる気がする。

きょう会社で「ファシリテーション研修」の回覧が回ってきて「ファシリテーションってなんですかあ?」という質問に「既存施設を活用するいう意味やろ」と適当に答えたら大間違い。facilityを「施設」と単純に思ってたけど、もともとのfacileは「便利な、都合のよい」くらいな意味らしい。facility自体が「利便(施設)」から「施設」になってるわけで・・・・。

なんか落ち込むことばっかりであります。

きょうは妙に寒かったので、普通のスーツでは寒いと思い厚手のブレザー+パンツで出勤。よく考えたらブレザーはクリスチャンディオールのカシミアの馬鹿高いもの(バブルの頃の貰い物)、パンツはユニクロの。目で見るバブル崩壊ですね。それで特におかしくもない組み合わせだったのが興味深いなあ・・・。
posted by デンスケ at 20:38| Comment(2) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

英文ブログ、コスモス、うどん

以前からアウトプット強化のため英文日記を始めたいなあ〜なんて思ってた。昨日、英文ブログを開設しようとseesaaで試しに作ってみたがどうもフォントがショボクて冴えない。というわけでヨソで作ってみたら、なかなかええかんじである。中学生の英作文みたいな文章を除いては・・・。

日記といっても書くネタがないので、散歩を兼ねて武庫川沿いのコスモス園を見に行ってきた。武庫川と仁川が合流する地点のちょい北のへん。阪神大震災後、不法投棄場所となってたのを地元で整備し、コスモスをいっぱい植えたのである。ちょうどいまが見ごろ。

TS3P0001.jpg


チビダックスも連れて行った。コイツは外でオシッコできないので、あまり遠いところへは連れて行けない。それに車に乗せるとウルサイ。クソ寒いときでも窓から身を乗り出したがる。寒いときに熱心に外を見てたけど、ハナをたらしてた。なぜそこまでして見たがるのか・・・。

車で20分くらい。臨時の駐車場もある。(公共交通機関ではたいへん行きにくいところ、このあいだワシがTOEICを受けたところの近所。)なかなかキレイでした。

地元の工業高校がつくったソーラーカーが園内走ってたり、バザーっぽいテントで軽食を売ってたりで、のんびりしたいいかんじ。犬連れのひとも多くいて、犬嫌いのチビダックスはビビってました。
TS3P0006.jpg

クレーン車で少し高いところから見物できるサービスも無料でやっていて、20分くらい並んで乗った。心なしか、うなじに哀愁が漂ってるなあ・・。
TS3P0016.jpg

帰りにドライブイン式のうどん屋でうどんを食べて帰った。いなり寿司がうまかった。平和な一日。(いまのところは・・。)
TS3P0019.jpg

コスモスというと、「コスモスは 病みほほけたる姿にて 風にも耐えぬ痛ましき花」(うろおぼえ)という明治時代の歌人、前田純孝の短歌を思い出すけど、実際はなかなか生命力の強い逞しい植物のようである。なんで前田純孝なんて名前を知ってるかというと、30年ほど前にやってた「夢千代日記」に出てきたのだ。松田優作が扮してたような記憶が。


「夢千代日記」、ひさびさに見たくなったけど、レンタルのDVD出てないんだな。セルの全集はあるけどクソ高い。ワシは別にNHKの受信料についてはいいと思うけど、受信料を元に作ったドラマならもっと安くせんかい。同じ時期の「男たちの旅路」は正規レンタルがあるみたいだけど。
posted by デンスケ at 14:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。