2010年10月19日

ワシの遠大な構想

毎日毎日たらたらとPBを読んでるだけと思われるワシの英語学習(実際そうだけど)ではあるが、実は遠大な構想があるのだ。ワシは英語を喋れるようになりたいのだ。では会話学校にいけばいいではないか、といわれそうだけど、だいいち金がおまへん。それにいざ英語を喋ろうとしたらアーとかウーとかしか出てこないし。いま行っても金の無駄遣い。

なんで句動詞やコロケーションを勉強してるかというと、英会話のため。要は、ある程度の単語の塊を憶えて適宜くっつけていけば会話文になるのでは?と算段してるのである。いわゆるチャンクですね。水木しげる氏の驚異的な細密画はバックの絵を書き溜めておいて、それにぺたぺたと人物画を貼り付けていくという方法だということを知り、あらら、と思ったものである。コラージュだったんですね。これを会話に応用できないか。そう思ったわけです。

単語を脳内でくっつけて文章を作るのはいかにもたいへんそうである。文法やら気になって仕方がないだろし、だいいち自分で何をいってるのかわからなくなるのである。非常に少ない機会ではあるが英会話をやってみて実感したことである。ワシは割りと早口なので、英語を喋ろうとしたらつっかえつっかえなのがものすごくイライラする。

ジャズの帝王、マイルス・デイヴィスは即興演奏の極意をたずねられ、「クリシェだよ」と答えている。つまり、ありきたりでもフレーズをたくさん憶えておいて、それを上手く組み合わせることだといってるのである。会話は即興演奏みたいなもんだしな。

というわけで、いまやってるコロケーションが終わったらもう一度句動詞を復習。それから簡単な英作文を練習。それからできればライティングを習いに行きたい。そうすれば、いくらか喋れるようになるんじゃないかしらんと夢想している。はたしてうまくいくかしらん。シルバー英会話。あーうーからかっこよく英語を操れるまで。がんばるで。
posted by デンスケ at 07:58| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。