2010年10月07日

ノーベル賞

円高は止まらないわデフレは出口も見えないわでなんだか気勢の上がらないわが国ですが、ノーベル賞W受賞でちょっと盛り上がるかな。しかしすごくカシコイ人たちなんだろうな〜とサイエンスのことはさっぱりわからないワシは思うわけです。

しかし歴代受賞18人のうち物理賞7人、化学賞7人ですか。(お一人はアメリカに帰化してるから厳密には17人中13人か。)あとは医学賞1人、文学賞2人、平和賞1人。経済学賞がいまだ受賞ナシですけど、こんなん必要ない賞と違うんかと叩かれてるし、受賞経済学者はサムエルソンもフリードマンも評価が定まらなかったりで難しいですなあ。と経済学部でてるくせにさっぱり経済学わからないワシの雑駁な感想。

人文科学系は地域性やらも加味されるからなかなか難しいですな。川端康成が文学賞を受賞したとき、有力な候補者だった三島由紀夫は「次は大江(健三郎)だろう」と予想し、そのとおりになった。文学賞ではフィリップ・ロスとジョイス・キャロル・オーツが万年候補だけどこの二人がどっちも受賞することはないんだろう。しかしキャロル・オーツってそんなすごい作品書いてるのかな。村上春樹がプリンストン大学に客員教授で招かれたとき「キャロル・オーツみたいな大物が(教授に)いて恐れ多い」なんていってたけどな。

いまの村上春樹の作品には興味ないけど、ワシの隣の小学校出身なのでノーベル賞へがんばってほしいところであるが、なにをどうがんばればいいんでしょうね。

2001年、「ことしのノーベル文学賞は"2001 Space Odyssey"のアーサー・クラークが受賞する」なんてウワサがネットで流れてなあるほど粋なことするなあと思ってたら、デマでした。しかしなかなか信憑性があって、うまいこというなあと感心しきりでありました。でもまあ「幼年期の終わり」なんてすごく破壊力のある作品だと思うけど。

きょうは倉庫整理。ワシは8人いる男性課員のうち若いほうから3番目。たいがい高齢化が進んでますな。というわけできょうは力仕事であります。はああ・・・。
posted by デンスケ at 07:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。