2010年09月30日

2010年度前半終了

みなさん、おはようでござる。年寄りというのは朝早く起きて浪曲とか聴きながら盆栽に水遣りするってのがムカシの定番であった。ワシはその代わりにCNN見たり、懐メロロックやらを聴きながら英語を勉強してたり駄ブログを書いてたりするのである。ワシは50歳過ぎてるから映画館でシルバー割引を受けられる。英語教室でそんなのがないのかいなと検索してみたけど、残念ながら近所には見当たらなかった。

英語学習系ブログをいろいろ見るけど、ワシより年上の方ってかなり少ない気がする。とすると、ここは「英語学習の限界集落ブログ」のひとつ、ってことで身の震えるような責任を感じたり。しないって。

さて、本屋に行ったら「ニーチェの言葉」って本が大量に置かれてる。なんでも、20万部を売り上げる大ヒットらしい。啓発書として売れているとか。う〜ん。ワシはニーチェって「神は死んだ」とかいってたら、自分が梅毒で晩年発狂して死んだくらいしか知らないんだけど。自己啓発本としてはどうなんかいな、と思うのだけど、これを考え付いたひとはかなり商才があると思わざるを得ない。

しかしネットで検索するといろいろ面白い警句をゆうてる方である。
「同情するものは自分は強者であると信じている。だから助けることができるとあらば、すぐにでも介入したくなる。」
「愚か者はよい暮らしを得ても、それよりもっとよい暮らしを求める。」
「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

なかなか面白い。うんうんと思ったのは
「恋愛結婚は誤謬をその父とし、欲望をその母とする。」
あはは。痛烈。

これは、と思ったのは
「多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。
他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、むしろ自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。」
うむ。ワシもそう思うぞ。ワシは啓発本の類が嫌いで読んだことがないのだけれど、まさにこういう理屈をつけてるのである。そのワリには中途半端な知識をひけらかしてる気がするけどな。自戒の念としたい。だから、この本は買わずに立ち読み。すまんの。

英語の勉強は燃料切れで、現在頓挫中。なんか面白い本でも読んでエネルギーチャージしたいとこだな。本年度も今日で前半が終わり。いかがでしたでしょうか。ワシは1級合格の高揚感でしばらく楽しんでいたけどそろそろ現実というのが見えてきた。う〜む。来月末の三匹の子豚のTOEIC受検はどうなるのでしょう。♪ブー フー ウー さんびきの こ・ぶ・た♪
ブーフーウー.jpg

オオカミさんの永山さん、北朝鮮への帰参船に乗ってその後行方不明なんだな。北朝鮮関係のニュースが流れると、悪役だったけど子豚と仲良しだったオオカミさんをときに思い出したりするのである。
posted by デンスケ at 07:40| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。