2010年09月24日

1回200円(その3)

急に涼しくなりましたね。ひさびさに家でソックス履いたワシである。急激な気温変化で体調を崩されなさいませんよう、ご自愛アレ。

1回200円(税抜)リーディング篇2回目。朝、やった。

Part5 34/40 Part6 10/12 Part7 46/48 計 90/100。

あかんな。文法が相も変らず。やってないから変りようがないけど。Part6も落としてもた。
Part7、全問狙いだったのに2個凡ミスで落とす。「6日以降の予約は現金だけ」本文にはcheckとcashと書いてあったが・・・。checkは現金に含まれるのか?簿記では小切手は現金扱いだけど、う〜んどっちヤロと考え込んでしまったが、「以降」というところを見落とし。難しくかんがえたらアキマセンな。その前にちったあ注意しろよと。

途中でお腹が痛くなってトイレに行ったけどなんとか時間内、2分残してフィニッシュ。Part5、6で28分は使いすぎやろか。時間はそんなに気を遣わなくてもいいみたいだけど・・・。

なんとか93〜95問くらいは行きたいトコだけどな〜。希望としてはリスニング85問、リーディング95問正解だな〜。しかしPart2,Part5は鬼門ですわ。


中国との外交摩擦が気になりますね。領土問題が関わってるだけにかなりややこしそうなことになりそうな予感。11月にはダライ・ラマ師が来日する予定だとかだけど、どうなるんだろう?

チベット仏教ではダライ・ラマ師は生神さまらしいけど、ワシには近所の気のいいおっちゃんにしか見えん。
「おっちゃん、アンパンなんぼ?」「一個50億円や〜」「え〜そんな大金持ってへんし、50円にまけて」「しゃあないな〜」こういう会話できそうなんだけど。ダライ・ラマ師と聞くとワシはどうしても水木しげるの鬼太郎シリーズ(「ボクは新入生」やったかな?)に出てくる国賓、怪僧チ*ポ師を思い出しちゃうのである。

怪僧チ*ポ師
chinpo.JPG
posted by デンスケ at 06:27| Comment(5) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。