2010年09月20日

1回200円(その2)

昨日やったTOEICリスニング模試、採点ミスで+2点で86/100だった。機嫌を良くして3回目。

Part1 9/10 Part2 21/30 Part3 26/30 Part4 22/30 計 78/100。あちゃあ。どうも安定しませんね。どうすればいいんだろう?

ディクテーション?音読?TOEICよりはるかに気合が入ってた英検受検のときですらやらなかったんだから、やっても続くわけないなあ。英検のときはそれぞれ19点、25点でした。2回目に神風が吹いたとしか思えない。しかし1回目の2008-3はえらくリスニングが難しかったというのも聞くけどな。

英検のときははっきりいって、なにがなんやらわからん状態でした。それに比べるとTOEICはよくわかるんだけどなあ。なんで得点が伸びないんだろう。Part2の短文会話は苦手だ。一瞬だもん。真剣白刀取りみたいに最初気を抜いたらもう終わり。

ここまで3回の正答率を見ると Part1 87% Part2 78% Part3 77% Part4 79% どれもちょぼちょぼ。
はああ〜〜。

気を取り直してイクフン本のリーディングやったけど問題が多すぎてイライラする。100個くらいでイヤになった。で、一回200円(税抜)のリーディング模試、入手。なんぼ金遣うんじゃ。なんと近所の本屋に売ってた。(どうせないだろ、と思ってたらあったので思わず買ってしまった)

1回目なので何も考えず、時間だけ計った。
Part5 36/40 Part6 12/12 Part7 42/48 計 90/100。6分残してフィニッシュ。

この模試、簡単なんかな。そんなに急いだわけでもなく、ごく普通に読んでいっただけだけど、時間が余った。Part5はできすぎの感がある。Part6はほんとうにはじめてだったけど、英検の大問2に似てる。クセもなくて、解きやすい問題。(あくまでも模試での感想ではあるが)

Part7はな〜。読めてるんだけど、選択肢で間違ったのが4つほど。迷ったとこばっかりで、こういうのをなんとかしないと。考えすぎず、それらしいのを選べばよいのか。イクフンに比べると問題自体はややこしいところもなく素直だったけど。

というわけで推定スコア420くらい?リスニングが不安定なので、800点は「あやうし!メロンパンナちゃん!!」である。



顔にスジ入ってるメロンパンナ・・あとからできたのに「おねえちゃん」のロールパンナ・・。
posted by デンスケ at 16:52| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。