2010年09月19日

リスニング模試をやってみたら

昨日買ってきたTOEICリスニング模試、そそくさとやってみた。

ワシはリスニングは嫌いだ。面白くないもん。ワカランし。という非常に他者にも了解されやすい理由で嫌いなのだ。それは英語力がないのではないかという指摘はさておき、すぐに集中力がなくなるのも大きな要因である。読むのならぼさーっと眺めていてもなんとなくわかるときがあるけど、聞いてるときはそうもいかず、非常に疲れるのである。

で。1回目。Part1 8/10 part2 22/30 part3 22/30 part4 24/30 計 75/100。
な、なんじゃこれは。ひどすぎる。例の簡易スコア換算表では345あたり。ワシはいまの勉強を始める前でもだいたいこれくらいのスコアは取っていた。とすると、10年間まったく進歩がないということか。一気にやさぐれムード。いや、もっと悪い。どぐされ。どぐされ難波じゃ。

え〜っナニ見とんじゃ。見世モンちゃうで。ニイちゃん、ふざけとったらアカンで。んなヌルイこというてどないすんねん?わかっとんかい?と意味もなく柄悪く絡みたくなる。こういうのを「ヤカラ」といいます。「輩」ですね。仕事でときどきこういうのにぶち当たるのでストレスたまりまくりです。

しかし拗ねてみてもスコアは冷徹である。どないもならん。おまけに阪神ぼろ負けやし。


TOEICのアホ〜〜〜〜〜〜!!!


しかし気分を取り直し2回目に挑戦。ここがワシの偉いとこやな。腐ったミカンとちゃうで。1回目の敗因は正座してガチガチになっていたトコだと思い、寝転がってやってみた。

2回目。part1 7/10 part2 27/30 part3 25/30 part4 25/30 計 84/100。
だいぶマシになった。換算スコア、400近くまで上昇。しかし写真問題で3つも間違うか。おまけに選択肢3つしかないのにD.なんて答え書いてるし。どれも平均に間違えてるから、どこが弱いというより平均に弱い。取り柄がないの。やってる最中にヨメハンが雨降ってるの?とか訊いてくるし、それでチビダックスが反応しべろべろ舐めにきたりして1問聞き損ねた。あとでデコピンの刑じゃ。

2回目は1回目気づかなかったイギリス英語問題ってのがわかった。しかし読み手がおんなじ人間ってのはサスガに無理があるんではないかな。やっすい問題集だけある。おんなじ声ばっかり聞いてると眠たくなってくるしな。

というわけで心配していたリスニング、やっぱり心配なんである。まああと1月ちょいでなんとかなるもんでなし。というわけでLet it Be作戦しかなさそう。
posted by デンスケ at 17:18| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。