2010年09月11日

ワシは大内山左右太郎か?

休みなんでイクフンのTOEICリーディング対策本をやってみた。シングルパッセージの問題ね。

大意を把握する=12/16 正確な情報を把握する=14/15 推論問題=8/11。
ボロボロ。メモ書きやらチラシやらつまらないなあと思いながらやってるからだ。いわゆるひっかけみたいなのにひっかかる、ひっかかる。性格が素直だからだ。そうかな。あんまり熱意を持ってないからか。

しかしおいおい、って問題も多いなあ。この文章にかかれてない情報はなんですか→場所は書かれてるけど住所は書かれていないから住所です、とか。それなら駐車場の割り当て台数は書かれてるけど駐車場の台数は書かれてないから駐車場の台数ともいえるんじゃないかとか思ったり。屁理屈か。

でまあ仕上げのおさらい問題、20問。制限時間20分。キッチンタイマーで計った。

15分40秒で、17/20。とほほ。2つは完全に読込不足。1つはまた変な問題だった。
「(オーディションの)参加者がしなければならないことはなんでしょうか」
A 監督に連絡する  B 案内係に連絡する  C 適切な時間に訪れる  D 電話する
問題文にオーディション時間が書いてあり、電話しろとも書いてなかったのでCにしたら、「最後に電話番号を書いてあるのでDです」 なんじゃそら。電話番号の前に"Call"とでも書いてあったらDに問題なくしたろうけどな。ほんとこういうのが多い。

本番のTOEICもこんな問題が多いのかなあ。問題が非公開なので、ワカランのだな、これが。しかしこういう練習問題があること自体、そうなんかなと思ったり。とほほ。ワシの単純な頭ではついてゆけません。

中村澄子さんの千本ノックを読んでると、彼女のセミナーに通ってる生徒さんがいかにして点数を上げていったかというコラムがある。これを読んでいると、「TOEICって仕事の一部なんだな」というのがよくわかる。昇進条件だったり、海外赴任条件だったり。こういうひとは「問題が変だろう、ゴラァ」なんていわないんだろう。文句いっても仕方ないし、ちゃっちゃと点数を上げるのが肝要なんだもんな。ワシみたいにただのモノ好きが文句いいながら受けるもんじゃないような。

で、「大内山左右太郎」とはなんであるかというと、「巨人の星」の登場人物なのです。飛雄馬が巨人に入寮したときの最初のルームメイトで、先輩投手。入団当初は長身からの速球で期待されたが泣かず飛ばず。「故郷じゃ鳴らしたもんだが・・・おれの野球は所詮楽しむだけのもんか」と苦悩してはるワケです。まもなくクビになり、工員として再就職。草野球チームの投手となり、気持ちよくバッタバッタと三振を奪ってゆく(そらそうだろ)。それを見ていた飛雄馬は「楽しそうだな、大内山さん・・・。でも俺は楽しむ野球じゃなく、修羅の道を歩んでいきます」とつぶやくのだった。

ワシの英語ってほんと自分の物好きだけだもんなあ。楽しくPBを読んでるだけでいいのじゃないかなあなどと思ったり。(苦悩は続く。次は俊足速水か?)

70年代ロックシリーズ ゲストのD・ボウイがアルト持ってる。ワシもアルトなら持ってるが。ソプラノもあるデ。

posted by デンスケ at 16:27| Comment(2) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。