2010年09月05日

小人閑居して・・・Part2

ヨメハンがお出かけ。ワシとチビダックスで留守番。チビダックスは廊下でご主人様の帰りをじーっと待ってる。廊下はクーラー効いてなくて暑いのにご苦労なこった。しかし冷蔵庫をごそごそしてるといつの間にか足元にいたりして、ギョっとする。食べ物関連に関してだけ、ワシに愛想がよい。

ヨメハンいないあいだがチャンス!とばかりにTOEICの勉強を開始するも、すぐにダレる。相変わらず文法問題は低調。本日分、83/94、通算 161/186、正解率86.6%。わりといいみたいだけど、ここは形容詞とか不定詞とかセクション分かれてるので何が問われてるのかすぐわかるからなのだ。

読解問題はParaphraseの練習でこれはもはや作業ですね。つまらないのでPBを読みかけたけどムズイ。さっぱりわからん。これは挫折本だな。う〜ん、こういうとき面白いのが手元にあればはかどるのに。というわけでダレダレなのであります。

で、おととい聞いた面白い話。(すごく下世話な話題ですが)

もう7〜8年ほど前になるけど、とある会社の支払いが遅れて電話してもなかなか埒があかないっつうわけでワシと若いのが「あそこは催促いかんとはらわへんで」ってことで催促に行かされた。寒いときだった。ボロい雑居ビルにある会社。いまにも止まりそうなエレベーターに乗ってその会社のある階で降りると・・・廊下に神棚があった。部屋に神棚ってのは見たことあるけど・・・。おまけに監視カメラまでついてる。なんかとってもヤバそうな雰囲気。

オフィスに通されて、しばらくして社長登場。小柄な普通の初老の男性だった。ほっとしたけど、髪型だけが普通ではなかった。パンチパーマや角刈りとかではない。おかっぱ。ふかわりょうを思い出されたい。あんなかんじ。しかも茶髪。しかしながらシャチョーさんはごく気軽に「ああ、えらいすんまへんな、わざわざ来てもうて・・・。ここはストーブないな、とってくるわ」とおっしゃる。早くズラかりたくて、いえいえ結構ですというも「まあそういわんと」といって再び姿を消した。

シャチョー不在の間に周りを見回すと、「ネムナラン」とかいう名前のドリンク剤(眠気覚まし用なんだろう)のダンボール箱がそこらじゅうに積み上げられてる。なんじゃこりゃ?と思っているとシャチョーがガスコンロを手にして再度登場。「ストーブが見当たらんからこれで我慢して」といきなりフル火力で点火。正直、焼かれるかと思いましたデ。それとも締め切った部屋で一酸化炭素中毒になるのか?ビビリまくったけど、話はうまいこといってすぐに未払金を回収できた。

こんなとこ、用はないと腰を上げかけたが、そこに妙に腰は低いが目つきの鋭い若い男性がやってきてウチの会社についてひとことふたこと。お辞儀するとき目線を外さなかった。Vシネマかい。まあ別に何事もなく終了したのだけれど、おかっぱ+ネムナラン+ガスコンロのコンビネーションが強烈でよく憶えている。

で、いまの会社にその当時の自分の前任者がいるのだけれど、上の話でちょっと盛り上がった。そこで「変ったシャチョーやったな〜、でもな〜社長の息子、タレントのAとつきおうとったやろ、もう別れたらしいけど」「え?ホンマ?」「検索してみ。すぐわかるデ」いそいそ検索。ホンマや。もちろんタレントAは「いいお友達です」と否定していたが・・・。

ワシはたいがい芸能オンチでさっぱりタレントの名前なんぞわからないのだけれど、タレントAはワシでもわかった。関連の検索でそのシャチョーの息子さんは別の女優Bや歌手Cとも浮名を流していたらしい。BもCもワシが認識できる名前であった。「資産何百億のセレブ」なんて紹介されてたが、関西の事務所は件の雑居ビルであった。う〜ん。

どうしてもセレブという言葉とぼろい雑居ビル、ガスコンロが結びつかない。しかし芸能界てホンマわけわからんな。まあそれだけの話ですけど。
posted by デンスケ at 17:30| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。