2010年09月21日

ひさびさにPBを読書中

ここんとこTOEIC受検準備で手がいっぱいってかんじ。しかし問題集をやっていてもこれが何か英語力の養成になるのかっつうとちょっと疑問である。ワシが日常、英語に触れるのってPBや新聞、CNNくらいであるから、TOEICに出てくるような英文とかはまず日常見ない。あくまで、テストで実力を確認するのが目的なのに手段と目的が入れ替わってるような気がするな〜。

で、本業のPB読書はというと、先月にPaul Therouxの本を読んでからとんとご無沙汰である。いけませんね。最近の挫折本。
・The Given Day / Dennis Lehane
・At the City's Edge / Marcus Sakey
・Inherent Vice / Thomas Pynchon

どれも最初でつまずいて読めていない。それぞれに面白そうなんだけどな〜。TOEIC終わったらがんばって読んでみたい。ピンチョンはめずらしく易しい英文とかだったけど、口語俗語連発でやっぱり読みにくい。あと固有名詞、しかも60年代末のアメリカ風俗のが多くてこの分野は結構知ってるはずのワシであってもかなりツライもんがある。

読めない→次の→読めない→次の、のスパイラルに陥っているんだけど、ひさびさに読める本に出会った。

lastchild.jpg

The Last Child / John Hart
452pで、土曜日から読み始めて現在190p。一年前に行方不明になった双子の妹をあきらめずに自力で探し出そうとする少年が主人公。翻訳も早川が文庫本を出してプッシュしてるみたい。たぶんことしの「このミス」かなんかで上位に食い込んできそうですね。面白いです。

月に2冊は読みたいと常々思ってるけどなかなかできない。今月中にはなんとか。
posted by デンスケ at 07:32| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

1回200円(その2)

昨日やったTOEICリスニング模試、採点ミスで+2点で86/100だった。機嫌を良くして3回目。

Part1 9/10 Part2 21/30 Part3 26/30 Part4 22/30 計 78/100。あちゃあ。どうも安定しませんね。どうすればいいんだろう?

ディクテーション?音読?TOEICよりはるかに気合が入ってた英検受検のときですらやらなかったんだから、やっても続くわけないなあ。英検のときはそれぞれ19点、25点でした。2回目に神風が吹いたとしか思えない。しかし1回目の2008-3はえらくリスニングが難しかったというのも聞くけどな。

英検のときははっきりいって、なにがなんやらわからん状態でした。それに比べるとTOEICはよくわかるんだけどなあ。なんで得点が伸びないんだろう。Part2の短文会話は苦手だ。一瞬だもん。真剣白刀取りみたいに最初気を抜いたらもう終わり。

ここまで3回の正答率を見ると Part1 87% Part2 78% Part3 77% Part4 79% どれもちょぼちょぼ。
はああ〜〜。

気を取り直してイクフン本のリーディングやったけど問題が多すぎてイライラする。100個くらいでイヤになった。で、一回200円(税抜)のリーディング模試、入手。なんぼ金遣うんじゃ。なんと近所の本屋に売ってた。(どうせないだろ、と思ってたらあったので思わず買ってしまった)

1回目なので何も考えず、時間だけ計った。
Part5 36/40 Part6 12/12 Part7 42/48 計 90/100。6分残してフィニッシュ。

この模試、簡単なんかな。そんなに急いだわけでもなく、ごく普通に読んでいっただけだけど、時間が余った。Part5はできすぎの感がある。Part6はほんとうにはじめてだったけど、英検の大問2に似てる。クセもなくて、解きやすい問題。(あくまでも模試での感想ではあるが)

Part7はな〜。読めてるんだけど、選択肢で間違ったのが4つほど。迷ったとこばっかりで、こういうのをなんとかしないと。考えすぎず、それらしいのを選べばよいのか。イクフンに比べると問題自体はややこしいところもなく素直だったけど。

というわけで推定スコア420くらい?リスニングが不安定なので、800点は「あやうし!メロンパンナちゃん!!」である。



顔にスジ入ってるメロンパンナ・・あとからできたのに「おねえちゃん」のロールパンナ・・。
posted by デンスケ at 16:52| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

リスニング模試をやってみたら

昨日買ってきたTOEICリスニング模試、そそくさとやってみた。

ワシはリスニングは嫌いだ。面白くないもん。ワカランし。という非常に他者にも了解されやすい理由で嫌いなのだ。それは英語力がないのではないかという指摘はさておき、すぐに集中力がなくなるのも大きな要因である。読むのならぼさーっと眺めていてもなんとなくわかるときがあるけど、聞いてるときはそうもいかず、非常に疲れるのである。

で。1回目。Part1 8/10 part2 22/30 part3 22/30 part4 24/30 計 75/100。
な、なんじゃこれは。ひどすぎる。例の簡易スコア換算表では345あたり。ワシはいまの勉強を始める前でもだいたいこれくらいのスコアは取っていた。とすると、10年間まったく進歩がないということか。一気にやさぐれムード。いや、もっと悪い。どぐされ。どぐされ難波じゃ。

え〜っナニ見とんじゃ。見世モンちゃうで。ニイちゃん、ふざけとったらアカンで。んなヌルイこというてどないすんねん?わかっとんかい?と意味もなく柄悪く絡みたくなる。こういうのを「ヤカラ」といいます。「輩」ですね。仕事でときどきこういうのにぶち当たるのでストレスたまりまくりです。

しかし拗ねてみてもスコアは冷徹である。どないもならん。おまけに阪神ぼろ負けやし。


TOEICのアホ〜〜〜〜〜〜!!!


しかし気分を取り直し2回目に挑戦。ここがワシの偉いとこやな。腐ったミカンとちゃうで。1回目の敗因は正座してガチガチになっていたトコだと思い、寝転がってやってみた。

2回目。part1 7/10 part2 27/30 part3 25/30 part4 25/30 計 84/100。
だいぶマシになった。換算スコア、400近くまで上昇。しかし写真問題で3つも間違うか。おまけに選択肢3つしかないのにD.なんて答え書いてるし。どれも平均に間違えてるから、どこが弱いというより平均に弱い。取り柄がないの。やってる最中にヨメハンが雨降ってるの?とか訊いてくるし、それでチビダックスが反応しべろべろ舐めにきたりして1問聞き損ねた。あとでデコピンの刑じゃ。

2回目は1回目気づかなかったイギリス英語問題ってのがわかった。しかし読み手がおんなじ人間ってのはサスガに無理があるんではないかな。やっすい問題集だけある。おんなじ声ばっかり聞いてると眠たくなってくるしな。

というわけで心配していたリスニング、やっぱり心配なんである。まああと1月ちょいでなんとかなるもんでなし。というわけでLet it Be作戦しかなさそう。
posted by デンスケ at 17:18| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。