2010年09月27日

1回200円模試でわかったこと

リスニング模試4回、リーディング模試5回終わったのでだいたいの傾向が見えてきた。

Part1 90.0% Part2 76.7% Part3 80.8% Part4 79.2%
Part5 87.0% Part5 81.7% Part 7 93.3%
正答率で正答数を逆算すると、L 79 R 87。計 166。正答率83%、800点ちょいといったところか。

リスニング、Part2が悪い。ほかもダメダメだけど、ここをなんとかせんと。
問「先日の会議の資料はどこにあるの?」
答「角のドラッグストアにありますよ」
こんなトンチンカンな答えしていると思うと情けないな。ここは9割くらい取れないとなにか人間としての尊厳が問われているような気がする。そんな大層なもんか。しかし答え合わせしてると相当情けなくなることも事実である。

リーディングはまあまあな気がするが、Part7は全問正解を目指すワシである。それしかとりえないもん。Part6は得意だと思ってたが、意外とアカンな。母数が少ないので、間違い多いといっぺんに下がる。しかし千本ノックの正解率とおおむね同じで、なかなか興味深い。

リーディングは間違えたのもう一度見直しかな。

リスニングは・・・どうしたらいいんだろう?ワシはリスニングについては意識的な問題練習は実質はじめてなのだ。いままで何をしてたのだ。読解力が上がったら勝手についてきたってのが実情である。見る/聞くの入力媒体が違うだけで、英語を処理するのは同じなんだから、いままではとにかく処理能力を上げることに専心してきたのだ。問題は2点。

1.入力媒体の認識力を上げる。
要は聞き取り能力を上げることだけど、これを怠ってきた。Part2の正解率が低いのはこれが原因だろう。そのためにディクテーションとかやるんだろうけど、大阪の主婦さんによると時間がかかるとか。う〜ん。しかし疑問詞とか時制とかきちんと把握するよう努めるだけでもちっとは違う気がする。

2.英語の処理能力を上げる。
多読で訓練してきたつもりだけど、読むのは見直しできるもんな。TOEICではそんなややこしい文章は出てこないんだから、英文を読むときに目で意味を拾うくらいにせんと。

しかしな。いきなり脈絡もなく「会議資料はどこですか」なんて聞かれてもなんの会議かわからへんやろ。会社でこんな発言連発してると「突然モノいいだすからわからへんやん、おまけに早口やし」と悪評買うことは確実だと思うのだけど・・・。「コピー機はどこですか」そんなことも把握してないんかい。「お電話ありがとうございます、残念ながらきょうは休みです、メッセージを・・・」いっつも休みやぞ。いつ営業しとるんじゃ。

いちいち突っ込みたくなるな〜。
posted by デンスケ at 07:44| Comment(16) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

1回200円(その5)×2

昨日できなかったリスニングとリーディングの模試、続けてやってみた。

L Part1 10/10 Part2 22/30 Part3 24/30 Part4 24/30 計 80/100。
R Part5 35/40 Part6 11/12 Part7 46/48 計 92/100。 合計172/200。

正解率 86%。リスニングはどれもダメダメだけど特にPart2が苦手のようだ。Part5,6はこれが上限っぽいな。Part7はまたもや全問ならず。1個は引っ掛けくさいのにものの見事にはまった。よく読めよ・・・。もう1個は設問がややあいまいで迷ったところ。health coverageにはdental coverageが含まれるのか、a very descent starting salaryがa very competitive salaryに該当するのか。 前者が〇で後者が×。このへんよくわかりません。

スコア換算表ではLが365、Rが435くらい。かつかつ800でんがな〜。
しかしバランス悪いな。Rはこれくらい取れたら満足だから、Lをなんとかせんとな。Part2の正解率をもう少し上げないと。どうする?問題をディクテーションするとか。ああしんど・・・。

ちょうど半分終わったので、模試はしばらくお休み。いうてもあと1ヶ月チョイだから、これだけやっていてもいい感じかもしれない。イクフンのリスニング本、買うべきか否か・・・。
posted by デンスケ at 11:54| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

浜っ子伝説とか

TOEIC、進歩が見られずなんか落ち込むので怒涛のUp。なんかパァーっとせんとな。

Youtubeでウロウロしてたら、いい感じのを見つけた。


あの王様の直訳ロックだけど、これは山下達郎がサウンド・アドヴァイザー兼コーラスで加わっていて、なかなか雰囲気がよろしい。

「内側外側〜波乗り米国」ってのが笑わせますね。


次は破壊力のある日本の歌謡曲。


海堂はじめの後ろで踊ってる「スナッキーガールズ」はよくみれば小山ルミ、吉沢京子、風吹ジュンで、むしろ歌手より数千倍有名ではないか。ワシはこの曲をカラオケで見つけたけどこんな難しい歌うたえるわけないので断念した。耳にこびりつくリフはZepの「移民の歌」ばりだな。いや、この歌のほうが先行してるのであるいは・・・。



♪ウパウパティンティンウパウパティン♪ おミズこと水原弘の珍曲。おミズはハイアースにホーロー看板でおなじみだな。この曲を聴いてショックを受けたDeep Purpleのジョン・ロードが「ストレンジ・ウーマン」を作ったことは70年代には常識であったがいまはどうなのか。

おまけ
posted by デンスケ at 20:55| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。