2010年09月30日

2010年度前半終了

みなさん、おはようでござる。年寄りというのは朝早く起きて浪曲とか聴きながら盆栽に水遣りするってのがムカシの定番であった。ワシはその代わりにCNN見たり、懐メロロックやらを聴きながら英語を勉強してたり駄ブログを書いてたりするのである。ワシは50歳過ぎてるから映画館でシルバー割引を受けられる。英語教室でそんなのがないのかいなと検索してみたけど、残念ながら近所には見当たらなかった。

英語学習系ブログをいろいろ見るけど、ワシより年上の方ってかなり少ない気がする。とすると、ここは「英語学習の限界集落ブログ」のひとつ、ってことで身の震えるような責任を感じたり。しないって。

さて、本屋に行ったら「ニーチェの言葉」って本が大量に置かれてる。なんでも、20万部を売り上げる大ヒットらしい。啓発書として売れているとか。う〜ん。ワシはニーチェって「神は死んだ」とかいってたら、自分が梅毒で晩年発狂して死んだくらいしか知らないんだけど。自己啓発本としてはどうなんかいな、と思うのだけど、これを考え付いたひとはかなり商才があると思わざるを得ない。

しかしネットで検索するといろいろ面白い警句をゆうてる方である。
「同情するものは自分は強者であると信じている。だから助けることができるとあらば、すぐにでも介入したくなる。」
「愚か者はよい暮らしを得ても、それよりもっとよい暮らしを求める。」
「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

なかなか面白い。うんうんと思ったのは
「恋愛結婚は誤謬をその父とし、欲望をその母とする。」
あはは。痛烈。

これは、と思ったのは
「多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。
他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、むしろ自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。」
うむ。ワシもそう思うぞ。ワシは啓発本の類が嫌いで読んだことがないのだけれど、まさにこういう理屈をつけてるのである。そのワリには中途半端な知識をひけらかしてる気がするけどな。自戒の念としたい。だから、この本は買わずに立ち読み。すまんの。

英語の勉強は燃料切れで、現在頓挫中。なんか面白い本でも読んでエネルギーチャージしたいとこだな。本年度も今日で前半が終わり。いかがでしたでしょうか。ワシは1級合格の高揚感でしばらく楽しんでいたけどそろそろ現実というのが見えてきた。う〜む。来月末の三匹の子豚のTOEIC受検はどうなるのでしょう。♪ブー フー ウー さんびきの こ・ぶ・た♪
ブーフーウー.jpg

オオカミさんの永山さん、北朝鮮への帰参船に乗ってその後行方不明なんだな。北朝鮮関係のニュースが流れると、悪役だったけど子豚と仲良しだったオオカミさんをときに思い出したりするのである。
posted by デンスケ at 07:40| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

オーストラリア英語やら

意気揚々とPart2のディクテーションに挑んだワシであったが、たった7問で挫折。はは。なんか結界でもあるみたいにリスニングには近寄りがたいものがあるのう。

挫折の元は、"Where is your new car parked?"という問い(これはわかった)で、選択肢の中でいちばんそれっぽいのが"In the underground grudge"だったんだけど、「地下の怨念」ってなんやねんと。しばらく考えて"garage"だと判明。オーストラリア英語でグラッジに聞こえたのだ。しかし車でgarageが思い浮かばないのもどうにかしとるな。

TOEICは英語、米語に加えて豪語(こんな言い方あるのか?)も入ってるといわれてるけど、いままでオーストラリア英語は意識したことなかったので、う〜ん都市伝説ではなかったんや、と妙に感心したのである。

オーストラリア英語はあんまり聞いたことないなあ。たまにCNNとかで関連ニュースのインタビューとかで耳にする程度。この間、オーストラリアの女性首相の演説でああ、オーストレイリアンやなと思ったくらい。しかしワシは海外旅行はオセアニアにしか行ったことない。

・シドニーでここどこ?って訊いたら「ダイ・ストリート」("Day street")って答えがあった。
・ニュージーランドでオススメの観光地を訊いたら、「バイオレンス」と答えられてビックリ。よく聞けば、"The Bay of Islands"でした。冠詞が聞き取れない、BとVの区別がつかない、弱く発音される子音が聞き取れない典型的日本人ですね。

こういう体験はあるけど、オーストラリア英語はほぼ考えたことがない。英語自体よくわかんないんだから、そこまで手が回らん。しかしTOEICも世界各地の英語というのなら、インドとか入れたほうがよかないか。少なくともTVではオーストラリア英語よりよっぽど耳にするんだけどな。これは白豪主義というものではないのか、とまた文句を言っているワシである。

ボブ・マーリィに"No woman, No Cry"という名曲があるけど、この題名の意味を長いこと「女がいなければ泣くこともない」だと思ってた。"No pain,no gain"からの類推だな。それとワシがもてない君であることからそう思ったのはいうまでもない。しかしこれはピジン英語で「女、泣くな」という意味らしい。そういわれればそういう歌詞だ。「オンナのひと、泣くのダメ」くらいの感じか。



なにか最初にMCしてるけど、なにいうてるかわからんな〜。やっぱりリスニング得意になりたいな。
posted by デンスケ at 07:45| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

Part2、Part5&6への対策

弱点を把握したので、あとは強化。違う違う、弱点を「強化」してどうする。「克服」だ。
しかしこういう間違いをいっぱいTOEICとかでやらかしてるんだろな。

わたしたちは先日の調査で判明した当社のマーケティング上の弱点を(   )する必要がある。
A.派遣 B.克服 C.強化 D.流動性
どうにかすると日本語でも間違えそうだ。正直B.かC.かわからん。ましてや英語においてや。

Part2だけど、こいつは短いし「最初の3語」が肝らしい。ということでディクテーションをすることとする。しかしだな、1回200円(税抜)模試のMP3ファイルは模試ごとでひとつのファイル、問題ごとの頭出しができない。ということはなにかMP3プレーヤーをDLしてPart2部分だけ抜き出してそいつを分割する必要がある。できるかしらん。それと紙だな。ノートに落書きはもったいない。

Part5&6。間違えたの見直してみたら、いちばん多いのはやはり単語問題だった。これは短期間でどうなるとかいうもんではないな。文法は意外と合っていた。あと書き間違い。とほほ。しかし文法問題もわからないのがある。1回200円模試は解説はついてない。

We understand that the screen on your camera(   )no image when you turn it to the preveiw setting.
A.display B. displays C. displaying D. to display
A.がないのはわかる。迷った末C.にしたらBでした。that節ではS+V構造が必要だからか?help me!

Because of the fire in the building, there were (   ) 50 injured people taken to the neiboring hospital.
A.estimation B.estimated C.an enstimated D.estimating
自信満々でB.を選んだらC.でした。何でや?まさか誤植ではないやろな。不定冠詞の文法書を見直したけど載ってねえ。文法書いうてもGrammer in Useですが。ロイヤル英文法、ブックオフで100円コーナーに転がってないかな。

そういえば思い出したこと。例の福知山線脱線事故の際、ワシはワリと近くのところで働いてたんであるが、すげえ救急車の音でした。で、後でわかったのだが事故のあったそばの道路は(大阪の主婦さんが運転できない)片道2車線の大きな道路だったのだけどすべて封鎖(condoneですな)し、救急車専用の南向き(病院方面)一方通行に。その西側の同じく2車線道路も同じく封鎖、救急車が事故現場に直行できるよう北向き一方通行にしたのだ。ワシの事務所は西側の道路に隣接していたので異様な雰囲気に事故後すぐに、何か重要事が起こったのがわかった。ニュースはしばらくしてからだった。ものすごく交通量の多い道路を2つすばやく封鎖したのはすごく賢明な判断だったと思う。Great Jobだ。

こういうのは報道されないけど、ちっとはやってもいいもんだと思うんだけどな。そうやって報いることによって士気が上がって、いい仕事してくれるだろうし。と思うのです。
posted by デンスケ at 07:41| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。