2010年08月27日

TOEIC千本ノック(その3)

どうも昨晩寝付かれず、寝床で千本ノック第2章。24/34。「がーん」。
第1章の快調なペースはどこへやら。どうも「へそ打法」を仕掛けられたらしい。カッとなって第3章から残り全部やってしまった。第3章 26/32。第4章 25/30。第5章 26/32。おまけ 10/12。通算 141/172。正解率81.9%。6〜7題に1個間違う。アカンな。難易度★が1〜5まであるけど、あんまり関係ない。★2つでも間違えるし、★5つでも簡単にわかるのもアル。

しかしこれが★5つ?
The famous American singer is her own ( ) critic ,so she has not sung in public for many years.
A.harsh B.harshly C.harsher D.harshest
He took the CEO job with much expactation ( ) find that the company was heading toward bankruptcy.
A. only to B.in order to C.as to D.as much as

なんか感覚が狂う。すごく選びやすくて見た瞬間、つう問題なんだけど。まあいろいろあるんだろうけど、ワシも理屈でわかってるんじゃなくて語感からこれだな、という選び方でなんとも頼りない。大体において考える問題ってのはよく間違うな。当たり前か。解説なんか碌に読まないから、早い早い。というか解説読んでもよくわからんのだ。ちょっとこれは?っつう解説もあるし。

(  ) by comsumers is down this year due to the new sales tax.
A.Spend B.Spent C.Spending D.To spend
見た瞬間、C.かD.っつうことはわかるけど、不定詞はなんとなく変だからCやな、と。Public spendingなんて言葉もあるし。で、解説は主語になるのは名詞のはたらきをするのもので、この場合は「動名詞」のCしかないから、と書いてあるがなんで不定詞じゃダメなのか理由が書いてない。主語になる不定詞なんてアホほどあるしな。なんかモヤモヤしてたけど、検索してわかった。Spendingは動名詞じゃなくて名詞なのだ。ワシがpublic spendingで思い出したのも名詞だし。わりかし重要なとこだから、学習者は混乱しそうな気がする。(ワシがちょっとモヤモヤしたのもそういうことだろう。)

しかしあれですな。ぜんぜん面白くない。簿記の仕訳してるみたい。簿記を勉強してるとき、まるっきり面白くなくてナンギしたけど決算書を見るのは面白い。しかし簿記の知識がなければ決算書も読めないわけで、困ったもんです。
posted by デンスケ at 20:02| Comment(4) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。