2010年08月01日

小人閑居して・・・

もう8月かいな。いつまで暑いんかいな。昔は夏の甲子園が終わると、赤とんぼが飛んでたもんだが。あんまり関係ないけど、ワシの出た高校の女子は夏の甲子園でプラカード持ちするのだ。ワシらの頃は3年生の女子で身長155cm以上が条件だったと思うが、いまは2年生の女子で160cm以上だとかで、受験対策と体格の大型化が進んでるのだなあ、と年寄りの感想です。

同級生の女の子が本番の開会式の真っ最中に貧血でぶったおれ、大騒ぎになったなあ。ワシはその子と仲良かったのでTV見ながら「何してんねん、××」と叫んだもんです。牧師さんと結婚してTVもない生活と聞いたが、どうしてるんだろう。

ワシらの学年はなぜかTVのスペシャル番組がゴールデンタイムに放送されました。二人の仲良しの女の子がプラカード持つことになり、お互い勉強に、プラカード持ちにガンバルっつう内容でしたが、別にその二人が仲良しだった事実はなく、TVのヤラセというのを知りました。共学なのに男子はきれいさっぱり無視されていて、女子高かいな?という印象も。まあどうでもいいんだけど、この季節になると思い出す。

さて、西宮北口のジュンク堂へ句動詞の辞書を買いに行ったけど見当たらず。残念。amazonでポチかなあ。「英語句動詞文例事典」という和書は見つけたけど、4410円もして思わず高っ、と思いました。文例の和訳なんかイランし。その分までお金払うのはイヤだなあ、と。

で、洋書売場をふらふらしてたらThomas Pynchonの新しいのがPBで出てたので、思わず目を惹かれた。読めないのはわかってるので買わなかったけど。その横を見るとPual Therouxの作品があって、なんか面白そう。2000円くらいだったけど、即買い。ワシの金銭感覚はどうなっとるんだ。う〜ん。
posted by デンスケ at 19:35| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pulp / Charles Bukowski (1994)

pulp.jpg
ブコウスキーっちゅう作家は有名なんかどうなんかわからないけど、そこそこ翻訳は出ている。ワシが読んだのはこの作品と"Post Office"だけなので、そんなにハマってるてわけではない。

"Bukowski : Born into This" 「ブコウスキー:オールドパンク」ってドキュメンタリー映画が日本でも公開されてる。一部の読者に熱狂的に支持されるカルト系作家というかんじではある。 「酒と女の桂冠詩人」というかんじですか。


で、この作品なんだけど、メチャクチャな探偵小説。なんせ献辞が"Dedicated to bad writing"だもんな。まともなミステリを期待したら「なんじゃこりゃ!」と怒り出す人もいるかもしれない。しかし、ただの読物としてなら、実に面白い。探偵小説の定石どおり、美女が事件の解決を依頼してくる。またその事件というのがなんだかよくわからない。で、主人公である探偵は何もせずに呑んだくれて競馬場に入り浸ってるウチに勝手に事件のほうで解決してゆくのである。

冒頭で"I want Celine.I've got to have him"とセリーヌを探すよう依頼されるのだけれど、セリーヌというのはフランスの作家のこと。反ユダヤ的作品を書き、第二次大戦後は亡命生活を余儀なくされ、亡くなった際には司祭に葬儀の執行を拒否され、墓にはひとこと"Non"と刻まれたとか。ちなみのこの人の全集を読めるのは世界で日本だけである。国書刊行会つうとこから出ていて、ワシも欲しいのだけどなんせ高いんでなあ。

まあそれはともかく、文句なく痛快で面白いのを、というのであれば絶対のオススメ。英語はめちゃくちゃ簡単。リズムがよくて、原書で読んでる快感を得られます。ちなみにこの作品は柴田元幸氏が翻訳し新潮文庫からでていた(絶版)。高橋源一郎曰く、「90年代最高の翻訳」らしいけど、残念なことですね。

whenwewereorphans.jpg
さて、この作品は「探偵小説のフリをしたブンガク」というかんじなんだけど、ワシが読んだなかでは、Kazuo Ishiguroの"When We Were Orphans"(「わたしたちが孤児だったころ」)もそんなかんじ。いっけんオーセンティックな探偵小説の装いではあるけど、仔細に読むとカリカチュアであることがわかる。謎解きのプロットが荒唐無稽だしなあ。この作品をミステリとして読んで「なんだこれは」と怒ってる書評をネットでちょこちょこ見かけるけど。割り切って読めばなかなか面白い作品だと思うんだけどな。
posted by デンスケ at 09:11| Comment(4) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。