2010年07月31日

句動詞の勉強

English Phrasal Verbs in Use(Intermediate)、70units昨日やりおわり。
一日2unitsずつで2ヶ月弱でしたか。状況に応じたPVをドリルするんだけど
正直機械的にやっただけで、あんまり憶えてないな〜。よろしくない。

確かにすごく勉強になる。微妙なニュアンス(ポジティブなのかネガなのか)が
こんなに簡単な表現でできるのだな〜と感心しました。

でもね。すごく曖昧なかんじでどうにもつかまえようがないという感じも。
get toが「怒る、責める」みたいな使い方するって書いてあったけど、前後の
文脈で判断せなわかりませんよね、こんなの。単純に憶えても、何の役にも
立たないだろう。もっと構造的にPhrasal Verbを分析しないと、非ネイティブ
には使いようがない気がする。とてもいいドリル集だけど、あまり分析的ではない。

いちおう同じシリーズのAdvancedも買ってるんだけど、これからどうしようかな。
句動詞の構造を分析してる参考書もあるみたいだし、そっちを先に読んでおいた
ほうがいいのかな。
ワシの頭脳では混乱するだけ、という気がしないでもないが・・・。

句動詞なんて、PB読んでも洋楽聴いてもぼんぼん出てくる。すんごくありふれてる
のに、なかなか実態がつかめないネ。wipe outのoutとはなんぞや、offやawayじゃ
アカンのか?とか、悩ましい〜。

posted by デンスケ at 17:20| Comment(9) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。