2010年07月19日

いささかの進歩?

あつ〜晴れ

pygmy-us-hardcover1.jpg

Rothの小説は期待はずれだったので、同時に買っていた"Pygmy/Chuck Palahniuk"と
いう作品を読みかける。なんとなく表紙が気に入ったのと、裏表紙の内容紹介が気に
入ったのである。交換留学生を装った全体主義国家からの若い工作員のアメリカでの
破壊活動を描いているとのこと。もちろん内容はオチャラケである。どんな作家か
知らなかったので、オフィシャルサイトを見てみたら、いきなり"The Cult"と書いてあり
ちょっと引いてしまった。

で、内容はというと、すごく読みにくい文体。英語が母国語でない破壊工作員の記録を
模したものだから、ほとんど暗号解読の世界。
主人公(Pygmy)がホストファミリーに連れられて教会で牧師と会話するシーン。

Pradator male slaughter of this agent,say,"Pleased to meet you,Pygmy"
Say,"I'm Reverend Tony"
Mouth of oparative me say,"Happy to engage you,crafty stooge of superstition."
Mouth of oparative me say,"How is your health, puppet of Satan?"
Worship leader fashion forehead to lift single hair brow arching above eye.

こんな感じで延々と続くわけで、どれが主語やら述語やらわからない。
あれですね、シュワちゃん演ずるターミネーターの英語に似てますね。

さすがに30pほど読んで音を上げた。なかなか面白そうなんだけどな。
まあ、また読める日も来るかと。その日まで修行しまっさ。

で、読むものがないのでひっくり返してたら、"The Best American Mystery Stories 2005"を
発見。編者はジョイス・キャロル・オーツ。4年ほど前に買って難しくて放ってた本だ。
オムニバス短編集なんだけど、わりかしスイスイ読める。朝から3つほど読めた。

4年前、勢い込んで買ったけど読めなかったんだよな〜。進歩したもんだと自分でも思う。
ついでに、Pass単も発見。買った直後に行方不明になってた。まだ帯も付いてる。
これもやったほうがいいよな、と思いつつ中身を見てみたら、意外と知ってる単語が多い。
まさか準1?と思ったくらい。よく考えたら、準1のときはPass単の存在を知らなかったのだ。

人間、ノロノロとはいえ進歩するもんでんな〜、と思った梅雨明けの休日。
posted by デンスケ at 14:33| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。