2010年07月25日

The Bottoms / Joe R Lansdale

ランズデールって作家はシリアス・おふざけ・ホラーと芸域の広い作家で、角川文庫が
貧乏白人ハップ&ホモ黒人レナードのコンビが活躍するシリーズを出していて(10年位前?)、
これはおふざけ路線でした。でももう絶版みたいですね。残念。

早川が翻訳を出しているのはどちらかというとシリアス路線。
The Bottoms (2000)
thebottoms.jpg

2001年度アメリカ探偵作家クラブ最優秀長篇賞ほか4部門を独占、つうわけで秀作の誉れ高い作品。
ワシはPBを読み始めた最初の頃に読んだのだけど、面白かったです。ミステリとしては、
そんなにあっというような作品ではないけど、心に沁みる作品ですな。
舞台は戦前のテキサス。主人公の少年時代の追想なんだけれど、ある日愛犬のトビーと
森に出かけ、はぐれてしまう。そして少年が廃屋で見つけたものは・・・というわかりやすい
始まり方です。ラストのしめくくりも見事。ちょっとキングの「グリーンマイル」みたいで。

この作家は文章が上手いと思う。過不足なく、テンポよくストーリーが展開する。
かんじとしてはアメリカの高校生の必読書"To Kill a Mockingbird"に似てますな。あっちはもっと
文章が難しいですけど。こういう語り口の上手い作家を読んでいると、自分の英語力が向上した
錯覚に陥ります(笑)。なにか面白くて読みやすいのをお探しの方にはピッタリです。

afinedarkline.jpg
この作家には、似たような少年モノの作品として"A Fine Dark Line"というのがあって、
こっちもオススメ。ちょっと哀切に過ぎるという気もしますが、いい作品で
プロの仕事、というかんじ。

susetandsawdust.jpg

もうちょっと大人向けの活劇っぽいのでは"Sunset and Sawdust"つう色っぽい女性が活躍する
作品もあります。いずれも読みやすくて、ワシのイチオシ作家です。ミステリファンなら、
いやそうでなくても、ぜひどうぞ。オモロイで。


posted by デンスケ at 18:34| Comment(10) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

Americans' Choice

オバマの支持率が低下していて、「次は共和党に入れるよ」っつうアメリカ人が多いとか。
なんとなく民主=リベラル、共和=コンサーヴァティブってかんじでそれは間違ってないん
だろうけど、日本人が考えるほど単純ではないみたいやね。

以前、「PGAツアーの真実」ってゴルフ本を読んだことがあるけど米プロゴルファーってのは
ほぼ全員共和党支持らしいですね。アメリカでゴルフを楽しむ層ってのは、サバーブに
住む方々で、ましてやプロになる連中つうのはその中で純粋培養されてきたわけですから。

トム・ワトソンが若い頃、民主党候補に入れたことがあって(マクガヴァンだったかな?)
いまは後悔してるよ、みたいなことをいっていて、結構驚いたもんです。

ハリウッドは「赤狩り」の後遺症でいまだに民主党びいきらしいけど、あのラリリ親父
デニス・ホッパーがずっと共和党支持だったつうのには驚いたな〜。このあいだの大統領選は
オバマを支持していたみたいだけど。さすがにペイリンには引いちゃったんだろうか。




1998のアカデミー名誉賞でエリア・カザンが受賞したときのビデオ・クリップだけど、う〜んだな。
カザンは赤狩りに協力し仲間を売ったとかでさんざ叩かれたけど、50年の時間を経ても
赦されてないんやな〜。ウォーレン・ベイティが立ち上がって拍手してるけれど、ベイティは
カザンの「草原の輝き」が出世作だからなんだろうか。バリバリのリベラルで政界進出が
ずっといわれてたけどな。しかしデ・ニーロの髪型が妙で、漫才のひとみたい。
最後にカザンが"slip away"(消える、ずらかる)っていってるのが印象的。

とまあ、どうでもええことを考えていたのだけれど、最後はこれやな。サヨナラ、サヨナラ。
posted by デンスケ at 22:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

クリックからひろがる窮乏

Amazonに注文していた"Hollywood Babylon"到着。写真がいっぱい載ってる。
おまけに字もでかいぞ。ハリウッド内幕の暴露本だけど、ハリウッド創成期
からシャロン・テート殺害(1969くらい?)くらいまでを扱ってる。
出版されたのが1980くらいだから、まあそんなもんですか。

サイレント期の俳優やらはほとんど知らないけど、クララ・ボウやルドルフ・
ヴァレンチノくらいはわかる。見たことないけどさ。面白そうだなあ。
エルロイで有名な「ブラック・ダリア」事件は続編のほうに載ってるとか。
こっちが面白ければ買ってみようっと。

さて、あわせてIn Useシリーズの"English Phrasal Verbs in Use Advanced"
も入手。いま毎朝(休みの日以外だけど)やってるのものの上級篇。

Grammer in Useの上級篇はあっさり挫折したけどこっちはどうかな。

デタラメな学習法で自分でも把握しがたい英語力なんだけど、Phrasal Verb
はできるかぎり頑張りたいと思ってる。別に英語に限らないけど、何か
得意なのを作るってとても重要だと思う。できなかったことだってそれに
引きずられてできるようになることもあると思う。

「やってできないこともある、やらずにできることもある」
ワシはあんまりストイックなタイプじゃないのでそう思ってしまうのだけれど・・。

追記:
タイガーが復帰してしばらく経つけど、やっぱりきれいなスイングだし、
体型も精悍。ミケルソンがランキング2位になったらしいけど、あのボデ腹
では・・・。

タイガー:セックス中毒だけど、崩れてない体型。
ミケルソン:円満な家庭人だけど、腹が出た中年体型。
年齢は大して変わらない。

どっちがいいのかなあ。ゴルフでわくわくするのは圧倒的にタイガーだけどな。
posted by デンスケ at 20:39| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。