2010年06月16日

マイム=マイムの真実

このあいだ大阪の主婦さんとマイムマイムやオクラホマミキサーとか、
フォークダンスの馬鹿話をしてたんだけど、ふと気になって「マイム
マイム」はどこの国の曲なのか調べてみた。(インターネットって本
当に便利ですね。)

なんとイスラエル民謡であった。しかも20世紀になって作られたらしいから
民謡ともいえんわな。「砂漠で水を見つけた開拓民の喜びの歌」らしいけど
シオニズム運動の象徴そのもんである。ガザ地区やらヨルダン川西岸で鼻歌を
歌ってたらソッコー射殺されそうなキナくささだ。イスラエルの歌って
「ナオミの夢」くらいしか知らんかったけど(もうみんな憶えてないだろな)。

落合信彦や副島隆彦あたりがなんか面白そうな珍説をぶち上げるかも。やらんか。

さてhave〜onが「かつぐ、からかう」くらいの意味なのをこの間勉強した
のだけれど、put〜onも似たような意味なのは知ってた。なんでかっていうと
Bob Dylanの"Highway 61 Revisited"の冒頭に出てくるからである。

Oh God said to Abraham, "Kill me a son" Abe says, "Man, you
must be puttin' me on" God say, "No."

神はアブラハムにいった「わがために子を殺せ」
エイブは答える「おっさん、俺をハメてるんだろ」
神いわく「うんにゃ」(訳:ワシ)

いうまでもなく旧約聖書で神がアブラハムを試した故事からきたもの
だけど、それ知らなかったらさっぱりが意味わからないな。
だいいち、Kill me a sonなんてふつー訳せないぞ。この曲はオモロイ
韻を踏みまくりで楽しいので興味あるかたはぜひ調べてみてください。

しかし英語やってるとどうしても聖書に関する知識が不可欠なことが
わかるので教会とか行ってみたいが、宗教はやはり気が引ける。
市内に中高の同級生が牧師やってる教会があるので行ってみようかな。
興味本位じゃ迷惑だろーな。

posted by デンスケ at 08:14| Comment(6) | ワシのくだらん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。