2010年06月12日

英検1次の思い出

明日は英検の一次試験ですね。受験される方はそれぞれの思いがおありで
しょうが、実力を発揮できますようお祈り申しあげます。

ワシが初めて英検を受けたのは2年半ほど前の2007-3回の準1級だった。
たった2年半ほど前のことなのにずいぶん時間が経ったような気がするなあ。
試験の内容はほとんど何も憶えていないんだけれど、電車に乗っていった
ことは妙に良く憶えている。準2級を受けると思しき若い子がいっぱい
乗っていた。なんか年寄りが場違いだなと思いつつ教室に入ったら、案外
年齢層が高くて安心した。(ワシがいちばん年寄りっぽかったけど。)
会場は2教室使ってた。案外受検者多いんだな〜と思った。リスニング
心配で前に陣取ったら音が大きすぎて耳が痛くなりました。

その一年後、2008-3の1級を場所も同じ市内の私立高で受検。寒い日で
車に乗っていったな。一段と年齢層は高くなっていて、ちょっと安心。
しかし昨年の話なんだなあ。すごく昔のことに思える。歳行くと、どうも
過去のことに遠近感が狂うような・・・。会場の教室は1つでやっぱ受験者が
少ないんだなと実感。試験は問題の難しさより量に圧倒されたです。

この回は落ちて、2009-1回を市内の大学で受検。暑い日で、時間の経過
をかんじた。会場は結構大きな教室で、受検者は第1回がいちばん多いのかな?
と思った。リスニングに移る前に自分の後ろに座ってた女性がトイレに
行きたいといいだし、しばし休憩となる椿事が発生。作文でヘロヘロに
なった頭にはイイ休憩になりました。おかげで結構落ち着いてリスニングに
臨むことができ、結果として合格したのだから(読解+エッセイは前回
も同じ得点(58点)だったから、リスニングでいくらか上積みがあったのだ)、
彼女は自分の救世主なんである。どこで何してるかしらないけど。

ワシはお腹がユルイ傾向があって、テスト中にお腹が痛くならないかと
3回の受検を通じて心配だったけどなんとか持ちこたえました。

明日受けられる方はきょうはゆっくり休んで最高のパフォーマンスが
できるよう備えてクダサイ。そんなことわかってるって?失礼しました。

おまけ;英検バッジ
100612_1935~01.jpg
posted by デンスケ at 19:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。