2010年06月06日

単語と仲良くするには

英検まであと1週間ですね。ワシは昨年のこの回で運良くひっかかって1次を
なんとかパスしたわけですが、昨年の今頃なにをしてたか、というと、
もう完全に諦めの境地でした。ちょろちょろ英字新聞に目を通す程度で。
試験前日は映画見に行ってたもんなあ。奇跡というものはあるのだなあ
とシミジミ思いますね。シミジミ。

ネットの英検学習情報を見てると、1級は「単語テスト」なんて書いてるのが
多くて、個人的にはあんまり同意できないんだけれど、自分の場合も単語で
なぜかわりかし稼げたのでそんなもんかな〜とちょっと首を捻ってるんである。

で、「パス単」とかを完全に仕上げましょうとか書いてあるわけだけど
正直単語集で単語と仲良くなるのはなかなかムズカシイんじゃないのかと思う。

単語集では、なかなかその単語の「人となり」とかがわからないもんなあ。
陽気な性格なのか、ネガティブなのか、どんな他の単語とよくつるんでるとか。
自分も単語集はいちおうやったのだけど、「こんにちわ」とご挨拶する程度。

単語集は「お見合いパーティ」みたいなもんで、そこで知り合って一気に
ゲットしちゃうってのは難しいもんである。(なかにはそういうのもあるけど)

やはり、ちょっと知り合いになっておいて、
「あれ、どこかでお会いしましたっけ」
「・・・?・・・」
「このあいだのJapanTimesでした。その前にも××のミステリで」
「ああ、そういえば・・・」
「単語集でお見かけしたときは気難しい方かと思ってましたが、他の方
と仲良くされてるのを見ると自分もお知り合いになれるような。よろしく」
といくのが自然ではないかな。あんまり自然な会話でもないですけど。

「単語集を完全に仕上げる」ってのは「恋愛は押しの一手」とのたまってる
若バカ(若いときは俺もバカやってたよ)オヤジの説教みたいで、そこに
一片の真実はあっても、なんだか実効性に乏しい気がする。

人間も相性があるように、単語とも相性があってどうしてもうまくやって
いけないのありますな〜。そういうときは未練がましくつきまとわないで
さっさと他日を期すのが良いのではないのですか。

「英検のために必要ですから(イヤだけど)お付き合いしてください」
みたいな態度では単語も絶対に仲良くしてくれないだろう。
ふだんからちょこちょことコンタクトを取って、周りの単語とも仲良く
するのも本命の単語をオトすには必要なのではないのだろうか。

映画やドライブやスポーツやらいろいろなシチュエーションを工夫した
みたいに、できるだけ英文を読んで出会いのきっかけを多くするほうが
強引にいくより、はるかにいいと思うのですけどね〜。
posted by デンスケ at 09:27| Comment(11) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。