2010年06月05日

日本語って英語になればどうなるの

ワシがもっぱらPBを買うのは神戸元町のRadom Walk Booksという洋書の
専門店である。もともと洋販がチェーン店として大阪・京都・神戸に立
ち上げた店なんだけど、いちばん大きかった大阪も開店後1年ちょっとで
閉店、その後まもなく洋販自体が倒産してしまった。神戸のRadom Walk は
店主さんが個人で営業を引き継いで、いまもやっています。

小さな店だけど、洋書だけなのでさすがの品揃えです。外国の本ばかり
の店内はちょっと異空間みたいで、なかなかよろしい。関西在住の方は
ぜひ訪問してください。英語の勉強に倦んだとき、刺激になりますよ。
店主さんのブログ(店のHPからリンクしてる)も面白情報満載。

専門店ということで、よく外国の方が本を探してるのに遭遇する。と、
いうか、外国人から見たら小難しい顔して本棚見てるワシらはどう見え
るんでしょうね。当然英訳の日本文学コーナーも充実してるわけで、
どの辺の作家が売れ筋なのか一度訊いてみたい。三島とか川端でしょうか。

ワシは英訳された日本の小説とかはまったく興味なくて、いちども見た
ことないんだけれど、たとえば小説とかじゃなくて詩とかどんなかんじ
に訳さてれるのかは知りたいなあ。

というわけでネットで調べてみたらいくつか見つかった。

I have nothing to express
I expose my body to the sun
my wife is beautiful
my children are wholesome

To tell you the truth
although I pretend to be a poet I am not one

これは谷川俊太郎の「鳥羽」という詩の出だしで、オリジナルは

何ひとつ書く事はない
私の肉体は陽にさらされている
私の妻は美しい
私の子供たちは健康だ

本当の事を云おうか
詩人のふりはしているが
私は詩人ではない

です。「本当の事を云おうか」ってのは大江健三郎の「万延元年のフットボール」
にも引用されてますね。というか、この作品で知ったわけですが(汗)。

本当の事を云おうか
洋書読みのふりはしているが
ワシは英語は得意ではない


パッとしませんな。ふらふら

さて、つぎ。

On Eating a Star

One evening a whitish substance was falling onto the veranda
When I put it in my mouth it had a cool milky flavor I was wondering
what it could be when all of a sudden I was shoved down onto the pavement
Just then a starlike object flew out of mouth dragged its tail over
the rooftops and disappeared without a trace

When I picked myself up from the pavement a yellow window was
laughing with scorn in the moonlight

これは稲垣足穂の「一千一秒物語」のなかの「星を食べた話」。掌編
小説だけれど、ワシはこの作品集が大好きでどうやったらこんな文章を
思いつくのかと感心してしまう。面白いのでぜひ読んでクダサイ。

41TtHX-y0qL__SL500_AA300_.jpg

星を食べた話

ある晩 露台に白っぽいものが落ちていた 口へ入れると冷たくて 
カルシュームみたいな味がした 何だろうと考えていると だしぬけに
街上へ突き落とされた とたん 口の中から星のようなものが飛び出して 
尾をひいて屋根のむこうへ見えなくなってしまった 自分が敷石の上に
起きたとき 黄色い窓が月下にカラカラとあざ笑っていた

原文の硬質なかんじがけっこう上手く表現されてるような気がするけど
直訳てかんじもする。「カルシューム」はどこ行ってん(怒)。


posted by デンスケ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

City of Theives / David Benioff

さきほど読了。ここんとこちょっと小難しい文芸作品(っても2つだけ
だけど)読んでたので、こういう平明で判りやすい作品はいいやね。
週末まで待てなくて読み切ってしまいました。

cityoftheives.jpg

どんな内容かというと、レニングラード包囲戦のさなか、主人公である17歳の
ユダヤ系ロシア人の少年は不時着死したドイツ兵のナイフをかっぱらっ
た罪で逮捕される。同房になったのは若い脱走兵。ふたりは逮捕された
翌日、処刑されるのかと思いきや、意外な任務を命ぜられる。平時であ
れば馬鹿馬鹿しくも愚かしいミッションであるが、自分たちの命がかか
っているとなれば話は別。飢餓と厳寒のなか、ふたりは困難を極める旅
にでかける・・・。

いや、面白かったです。主人公の少し年上の相棒のキャラクターの造形
がとても良い。おしゃべりで、ノンシャランスで自称女たらし。全体と
してかなり悲惨なストーリーなんだけれど、この人物の存在で乾いたユ
ーモアに溢れた作品となっている。ラストはハッピーエンディングなん
だけど、作品の構成に上手く結びついていて思わずニヤリ。

英文は平明で読みやすいです。映画の脚本家が書いただけあって、話の
運びやカタルシスも満喫できますです。ひさびさに「上手な」小説に巡
り会ったかんじ。おそらく今年自分が読んだPBのなかでベスト10入りは
間違いないと思う。(どうせ10冊くらいしか読まないけど・・・。)

ワシの父親はシベリア抑留経験者で、ふだんはその体験を喋るようなこ
とはなかったんだけれども、酔うと断片的に語ってくれたことがあった。
曰く、シベリアの春は一晩で来る。昨日まで何もなかった草原が一夜に
して緑一色となる。ロシア人はとても人間が良い。悪いのは共産主義で
あって、断じてロシアの人間じゃない。共産主義はダメだ、と60年安保
闘争に挫折した元ブントの甥(ワシのイトコだけど、歳が20歳ほど違
う)にいってたなあ。父はソビエトの崩壊を見ることなく死んでしまっ
たけど、生きてたら「ほら見たことか」っていってたろうなあ。

極限状態にありながら、少年の性への畏れや憧憬をきちんと描いてる点
も非常によろしい。こういう本は翻訳されて青少年に読まれてほしいなあ。
なんて思うのはもう自分が初老の域にあるからでしょうかね。

☆4つ。(5つはめったにつけないんで、かなりの評価デス。)
posted by デンスケ at 23:04| Comment(4) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bring Me the Head of Charlie Brown

Amazonでポチっとやって"Bring Me the Head of Alfredo Garcia"
「ガルシアの首」のDVDとMatt Ruff "Sewyer,Gas,Electric:Public
Works Trilogy"を買う。週末は映画でもみましょうかあ。
で、こんなの見つけた。(かなりグロいので注意)


Bring me the head of charlie brown

Roman | MySpace動画


なんじゃあこりゃ?と思ったら「シンプソンズ」の監督がアマチュア?
時代に作ったものなのね。1986年作らしいけど、「ワイルドバンチ」と
「タクシードライバー」が入ってる(笑)。本家wikiにも記事が載ってたぞ(笑)。

しりあがり寿の多摩美卒業制作、「サザ江さん」みたいだ。これは(シャブ
中になったらしき)カ×オをサ×エさんが見舞いに行き、サ×エを楽し
まそうとカ×オがフラダンスを披露するが力尽きて昇天してしまう、つう
内容でした。ワシは「テレグラム・ガロ」っつうビデオで見た。ガロ系の
漫画家が一堂に会し、歌とか隠し芸を披露する内容です。よくこんなの
持ってるな。

いま、"City of Theives"/ David Benioff というPBを読書中。300pくらいで
昨晩までで220pまで読みました。なかなか面白いです。作者は「25時」や、
「君のためなら千回でも」の脚本家。どっちも未見だけど、「君の〜」は
邦題がかなり?。そのまま「カイトランナー」のほうがよっぽどいいような。
"The Kite-runner"はすごく面白い小説だったのに。

"City of Theives"は今週末には読んでしまう予定なので感想はそのとき。
しかし平日はなかなかPB進まないね。
posted by デンスケ at 07:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。