2010年06月20日

ofとfrom

ここんとこさっぱり英字新聞を読んでない。けさはなぜか読売新聞が
入っていて、Daily Yomiuriがなかった。さっぱり読んでないのがバレ
たのかしらん。ほかの人はいざしらず、ワシは英文を読むのに相当な
集中力を要するので気分が乗らないと読めません。スイスイと目で意味を
拾えるくらいの力がほしいもんである。10分でいいから思い切り集中
すれば英文は相当量読めるはずなので、ガンバらんとな。

英語に関してワケわからないことは山ほどあるけど、このあいだ??
となったのがofとfrom。English Phrasal Verbs in Useをやっていて

For some reason my name was omitted from the guest list.
という英文を句動詞を使って書き換える問題があった。

omit = leave out だから、ここは簡単。で、
For some reason my name was left out from the guest list.としたら、答えは
For some reason my name was left out of the guest list.でした。

う〜ん。何でだろ。
She collected pictures of her pop idle from the music magazines.は

She cut out pictures of her pop idle from the music magazines.
となっておる。しかしな、目的語が代名詞だったらなんとなく
She cut them out of the music magazines.となるような気がする。
そんな気しませんか。せんか。outとくれば次はofでええやん、と。

The security guard opend the gate so we could leave the building site.
をlet out を使って書き換える問題は
The security guard let us out of the building site.だったし。

たぶん日本語の「〜から」に引っ張られてややこしくなってるんだろうけど
ネットで違いを検索したら余計にワケわからなくなった・・・。

Dylanの名曲、"Knocking on Heaven's Door"の冒頭は
"Mama, take this badge off of me" ってなっていて、この場合は
「俺のバッジ」だからofの所有という本質的な概念と使い方は把握し
やすいんだけどな。



この曲はDylanのコンサートでもキモのひとつで、サビのパートの
"Knock,knock knock knock on heaven's door"を観客が合唱するんだけど、
「とんとんとん」と聴くたびに北島三郎の「与作」を思い出すんである。
posted by デンスケ at 18:44| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

Densuke the Plumber

きょうは朝から洗浄式便座の据付。大汗かいた。ワシはかなり不器用
(どんくさい、ともいう)なのだけど、電気店の店員が「簡単ですよ」と
いうので自分でやってみた。

確かに簡単だったけど、水まわりのパイプ交換はちょっとてこずった。
なぜか水漏れするのでなぜかしらん?としばし悩んだのだけどゴムパッキン
をかますのを忘れていたのだ。そらアカンわ。plumberにはなれないな〜。

PB読んでると、わりとplumberという単語に出くわす。1級単語にもあったような。
「殺しの直前に家に出入りしたのは?」
「配管工の××です」なんてかんじで。

そら水まわりは毎日出入りするとこだけど、日本語で「配管工」やら
「水道屋」なんてそんなに頻繁には聞かない気がする。
2008年の米大統領選にも"Joe the Plumber"なんてのも登場してたし、
欧米では日常生活に深くかかわってるんだろうか?

これはあれやね、雑な仕事が多いので水漏れが日常茶飯事なのではないかと。
そりゃアメちゃんのやることなんてぞろっぺえに決まってるじゃねえか、
となぜか江戸弁で思ってみたりもする。

さて非常に恥ずかしいのだけど、ワシは今日までplumberを「プランバー」と
読んでたのだ。mbのbはそういえばサイレントだった。bomb,lambとか。

まあ一度もplumberが出てくる会話なんてしたことないからええねん(笑)。
しかし昔、「東京ボンバース」なんてのあったなあ。知っとるかね。
ハルク・ホーガンの必殺技は「アックス・ボンバー」だったしな。
まあ「指輪物語」が「ロード・オブ・リング」なんだから大した違いは
ないともいえそう。いずれにせよ今日は疲れたべ。

阪神タイガース、勝利おめでとう!
100619_1919~02.jpg


posted by デンスケ at 19:26| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

マイム=マイムの真実

このあいだ大阪の主婦さんとマイムマイムやオクラホマミキサーとか、
フォークダンスの馬鹿話をしてたんだけど、ふと気になって「マイム
マイム」はどこの国の曲なのか調べてみた。(インターネットって本
当に便利ですね。)

なんとイスラエル民謡であった。しかも20世紀になって作られたらしいから
民謡ともいえんわな。「砂漠で水を見つけた開拓民の喜びの歌」らしいけど
シオニズム運動の象徴そのもんである。ガザ地区やらヨルダン川西岸で鼻歌を
歌ってたらソッコー射殺されそうなキナくささだ。イスラエルの歌って
「ナオミの夢」くらいしか知らんかったけど(もうみんな憶えてないだろな)。

落合信彦や副島隆彦あたりがなんか面白そうな珍説をぶち上げるかも。やらんか。

さてhave〜onが「かつぐ、からかう」くらいの意味なのをこの間勉強した
のだけれど、put〜onも似たような意味なのは知ってた。なんでかっていうと
Bob Dylanの"Highway 61 Revisited"の冒頭に出てくるからである。

Oh God said to Abraham, "Kill me a son" Abe says, "Man, you
must be puttin' me on" God say, "No."

神はアブラハムにいった「わがために子を殺せ」
エイブは答える「おっさん、俺をハメてるんだろ」
神いわく「うんにゃ」(訳:ワシ)

いうまでもなく旧約聖書で神がアブラハムを試した故事からきたもの
だけど、それ知らなかったらさっぱりが意味わからないな。
だいいち、Kill me a sonなんてふつー訳せないぞ。この曲はオモロイ
韻を踏みまくりで楽しいので興味あるかたはぜひ調べてみてください。

しかし英語やってるとどうしても聖書に関する知識が不可欠なことが
わかるので教会とか行ってみたいが、宗教はやはり気が引ける。
市内に中高の同級生が牧師やってる教会があるので行ってみようかな。
興味本位じゃ迷惑だろーな。

posted by デンスケ at 08:14| Comment(6) | ワシのくだらん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。