2010年05月31日

教材用の映画を探すこと

なんでいまごろ文法やってるかっていうと、ワシの場合好き勝手にPBを
読み散らかしてきただけで、知識がキチンと整理されていないんですね。
英文を読んだり聴いたりするのならそれでもイイかもしれないけれど、
喋る/書くとなるとそうもいかない。

簡単な英文を喋ったり書いたりするだけで、「あれはどうだっけ」「これは・・」
と脳内を走り回らなきゃならない。ヘトヘトになります。

いちおう通訳案内士の一次は通る予定してる(大丈夫か?)ので、問題
は12月の面接である。それまでに少しは喋れるようにしておかないと。
と、まあこう考えておるわけです。かしこいですね。

あと、実際に英文を口に出してみること。これを全然やってない。
たとえば「英語5分間トレーニング」なんか格好の素材なのだろうけど
ワシはNHK講座が大の苦手で、続いたためしがない。4月からNHKを利用
してやろうと決意していたのに、気づけばすっかり忘却の彼方である。

もうNHKはあきらめた。ニンゲン、向き不向きがあるからな。
ここんとこどうするのか考えていたのだけど、名案を思いついた。
好きな映画のDVDを買ってきて、セリフを真似するのだ。こんな当たり前の
ことに気づかないほどverbalのアプローチには無頓着だったわけです。

なににしようかな。そう考えるとワクワクするな。
いちばんに思いついた"Days of Heaven"(「天国の日々」)はソフトが
入手困難みたい。なんでやねん。デジタル画像で一度見てみたいぞ。



う〜ん。Sam Peckinpah の"The Wild Bunch" (「ワイルドバンチ」)
はどうだ。セリフ少なそう。"Let's go" "C'mon, you lazy bustard!"
くらいしか印象にない。前者はともかく、後者なんかどこで使うのよ。

まあこういうのはクラッシックフィルムのほうがいいんでしょうね。
喋りが全体にゆっくりしてるし、セリフも上品。「ローマの休日」とか。
もっとも自分が興味あるのは70年代のいわゆるアメリカン・ニューシネマ。

自分の好きなほうがいいよな〜。というわけで次候補。ペキンパーの
"Bring Me the Head of Alfred Garcia"(「ガルシアの首」)
"The Ballad of Cable Hogue"(「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」)



「砂漠の流れ者」はバイオレンス系の代表ペキンパーには珍しく、ハート
ウォーミングなお話。ステラ・スティーブンスがかわいいんだな。
「ガルシアの首」はずっと昔に見たきりでどんなだったか。ウォーレン・
オーツがおっさん汁全開で熱演してたな。まあいろいろ考えてるときが
いちばん楽しいね。


posted by デンスケ at 08:04| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。