2010年05月23日

通訳案内士(国家試験)願書到着

知人を介して入手を頼んでいた通訳案内士の願書を入手。「国家試験」
なんて書いてある。当たり前だけど。試験を実施するのは、「独立行政
法人国際観光振興機構」となってるけど、なんとなく事業仕訳で消滅し
そうな気がするなあ。

ガイド業そのものが需給のインバランス(とりわけ中国語)で、制度の
見直しが進められてるけれど、これからどうなるんでしょうね。

まあそんな大問題はさておき、小問題(自分の勉強のほう)はどうなのか。
あと3ヶ月ちょっとあるわけだけど、できれば6,7月中には歴史と地理は
終えてしまいたいところ。もうすでに参考書は揃えてあるわけで、ワシ
にしては、なかなか準備周到である。参考書の数だけなら、すでに英語の
それを超えているワケで、いまさら後戻りできないかんじだ。

しかし英検1級通ったひとはどれくらいの割合で受けるんだろう?
自分の場合は受験地が近いから受けてみようと思うけど、泊まりで行か
なきゃと思うと躊躇するだろな〜。もっとも1級も2次は受験地限られてるけど。

しかしよく思うのだけど、英語というのはいまの日本ではほんとうに
勉強しやすい。どんな小さい本屋に行っても英語参考書は売ってるし、
電話1本で英字新聞も定期購読できる。ワシが若い頃にはリスニング教材
を探すのに苦労したモンだけど、いまはTVで24時間やってる。だいいち、
ネット環境があればその気になればほとんどお金使わずに勉強できるもんな。

その割りに洋書を実際に手にできる場所が少なすぎるような気もする。
いくらamazonで簡単に入手できるといっても、実際に手にとってあれや
これやと考えたりするのが楽しい。なんというか、国内にいて海外を
実感できるような瞬間だと思うんだけどな。

まあそんなわけで、きょうも西宮北口のジュンク堂に行ってPBを物色。
Paul Austerの15作目"Invisible"があったので買った。300p弱。

オースターは読みやすい。いま150pだから真ん中くらい。

しかしな。前の"Man in the Dark"が?だったけれど、これもちょっと
実験的な作りでわかりにくい。最初、一人称単数で始まって、それが
小説内小説であることがわかり語り手が代わる。と、そこで最初の語り
手が登場、こんどは二人称単数で描写。うーむ。わけわからん。

こういうのをポストモダンというんだろうか。なんか縄文時代の次は
弥生時代ってくらいの意味しかないような気もするけど。

コナもん業界でのポストモダン焼ってなんだろう。オムそばか、ねぎ焼きか。
自分はお好み焼きより焼きそばすきなのでオムそばに一票だな。
posted by デンスケ at 19:58| Comment(4) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。