2010年05月22日

スイングジャーナル誌、休刊

ジャズ専門誌、スイングジャーナルが来月で休刊とか。

Jazzを聴き始めた頃はよく読んでたし、ジャズの雑誌といえばまっさき
に思い出すから、ちょっと寂しい。もっとも、自分で買ってたのはホン
の一時期なんだけ。もっぱら立ち読みか、Jazz喫茶に置いてあるの読ん
でただけですけどね。Jazz喫茶が南極オゾン層より稀少になってからは
まるっきり読んでない。なんつーか、まったく行かなくなったお店や、
遊園地が閉館する寂しさみたいなもんですね。

大学生の頃(70年代末期)、70年代のJazz No.1アルバムは何かという
アンケートを同誌でやっていて、そのとき1位を激しく争ったのが
Return to Forever と Weather Reportのデビューアルバムだった。
結局R.T.Fが一位になったけど、WRは70年代末期には人気絶頂だったし
なかなか面白い争いでした。タモリいわく、リターン・トゥ・フォーエヴァーは
70年代初めは「パチンコ屋でもかかってた」らしいけどホンマかいな。

就職してジャコやマイルスが亡くなったときは「あらら」という感じで
聞いた。しばらくしてJoshua Redman Quartetが出てきて、「メインスト
リームジャズの復活!」なんて(ごく一部で)騒がれてたけれど結局、
それっきりでしたね(笑)。

慢性的マイナー音楽+雑誌不況+CD不況で、いままでスイングジャーナル
が残ってたほうがむしろ不思議かもしれない。合掌。

というわけで熱いジャズを。超絶ブートレグ"Captured Live!"と同じ
音源だろう。ジョシュア・レッドマンはハーバード医学部からイェール
大ロースクールに転身した超インテリ。もっとも、サイドメンバー
(ベース:クリスチャン・マクブライド、ピアノ:ブラッド・メルドー、
ドラムス:ブライアン・ブレイド)が凄すぎてここではぱっとしませんな。

2の2:00あたりからのプレイはスゲー(;´Д`)



posted by デンスケ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。