2010年05月19日

ロス・マクドナルド

原油流出事故のニュースを見ていて、なんかこういう主題の小説を読んだ
ことあるなあと・・。思い出した。ロス・マクドナルドの「眠れる美女」だ。

大学生くらいのとき、熱心にミステリを読んでた時期があって、特に
お気に入りだったのがロスマク。チャンドラーより好きだった。翻訳は
ほぼ全部読んだと思う。(特に後期の作品は)マンネリ、つう批判があって
まあその誹りは免れないとは思うけど。

なにがそんなにヨカッタかというと、その文章ですね。極限にまで主人公
(探偵)の存在感を薄くして、事件の真相ににゆるゆると迫っていく手法が
ヨイですね。チャンドラーの清水俊二氏ほど世間では称揚されないけれど、
小笠原豊樹氏の訳業は素晴らしいと思う。

原文を読んだワケじゃないんだけど(苦笑)。チャンドラーは原文で読み
直したりしてるんだけどね。手に入りやすいし。ロスマクの原書をタマに
洋書コーナーで見かけても妙に高かったりしていまだに読みそびれてる。
amazonで見たら、"The Chill"「さむけ」を安く売ってるし読んでみたいねえ。
ワシがいまだに最高のミステリと思ってる作品だ。

さてさて、原書を読んで翻訳と比べたりすると妙に訳文がコミットメント
過剰というか、色が付きすぎじゃないの?と思うことがある。ワシが思うに、
原文はおおむねもっとニュートラルなかんじ。しょせん違う言語なんだ
から、モトモト無理な話とはいえ、もう少しすっきり訳せないものかなあ?と思う。

カズオ・イシグロの「私を離さないで」の翻訳は主人公の女性の語り口が
too feminineでどうかな?と思った。このへんの距離の取り方は翻訳者
や読者の好みによるんだろうけどね。

そんな文句いうのなら原文で読めと言われそうですが・・・。
posted by デンスケ at 08:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。