2010年05月09日

平成22年度通訳案内士試験概要発表

ことしの通訳案内士試験の概要が出ました。1次は8/29。
願書を取り寄せなあかんな。

ワシは当然京都で受けるのだけど、京都のどこなんかいな?と思って
調べてみたら、昨年は同志社田辺キャンパスだったようだ。田辺校地が
できたのは卒業後かなり経ってからだから、行ったことがない。
まあ今年もそこかどうかは分からないけど。

それはさておき、旅行地理検定ってのがあってそこのサイトにお試し問題があったので、
国内2級ちゅうのをやってみました。正解率70%、65%でした。まあまあですか。

歴史のほうが問題かな〜。いや一般常識か。まあガンバリますです。

それより英語なあ。長文読解問題のヒントを書こうかと思い2009-2の
長文問題をけさやってみたら、半分(10点)しか取れないでやんの。
さすがに凹みました。読解力落ちてるのかな。それとも元々怪しかった
のかしらん。英字新聞やら堅めの内容の英文は、いまはちょっと読む気
がしない。というわけで・・・

Set_This_House_in_Order_large.jpg

長いこと放置していたMatt Ruffの" Set This House in Order "をいま
読みかけてるんだけど、なかなかオモロイ。どういう小説かというと、
ごく簡単にいえば多重人格者同士の恋愛小説、らしい。
主人公Andrewは多重人格ではあっても、精神世界に建てられた" The House "
に多重人格を住まわせてコントロールしている。かたや、女の子Mouse は
まったく多重人格をコントロールできておらず・・・。

なんだかよくワカラン設定ですが、読んでるワシは最初まったくワカラン
かった。文章はごく簡単で設定が分かれば割とすんなり。いま125p。
字が詰まってるしフォント小さいから読んでも進みませんけれど。
翻訳計画があったらしいけど、2004の話だからお流れかな。

500pくらいあるから、果たして読めるのかな・・・。
posted by デンスケ at 16:46| Comment(6) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。