2010年05月08日

政治家とネクタイ

イギリスの総選挙は保守党が第一党、とかでさすがにブレア→ブラウン
は長すぎたかな?なんて思ってみたりしてるワシである。
CNNやらでTV-Debateをちょこちょこ見たけど、何が印象的だったかと
いうと、各党首のネクタイだったり(笑)。だっていってることは
ワカラナイし。

necktie4.jpg

CNNを見てると、合衆国の議会で演説やら質問かましてるおっちゃんで
ときどき「ほうっ」と思うくらいカッコいいネクタイしてるのがいたり。
阪神百貨店で「2着で3万円!」なんて安物スーツ着ているワシも、ネク
タイ〜靴の組合せでなんとかカバーできんかと常々思ってるので、参考
になりますです。

各国首脳クラスになると専属の衣装スタッフくらいいるのだろうけど、
どういう基準で選んでるんでしょう?わりと濃いめのネイビーが多いような。
英国のTV-Debateではゴードン・ブラウンのピンクのタイが印象的でした。
前任のブレアさんに比べるとどうしても華やかさに欠けるので、
地味なネクタイではくすんじゃうと思ったのかな。

nectie3.jpg

オバマ大統領は長身で見栄えがしますね。しかしやはりスーツは肩幅
広くて、胸板が厚くないと似合わないな、と本当に思いますね。やっぱ
外国の服ではありますの。

alg_obama-ties.jpg

ネイビーのスーツには茶色の靴でも行けますよ、なんて指南書には書い
てあるけど、「紺に茶靴なんて悪趣味の極み」なんてどっかで読んだ
ような。ウォール街の職場に茶靴を履いていくと「何しにきたんだ」
とかいわれるらしいから、正しいビジネスウェアってのはやはり黒靴
だろうね。銀行のひととかは茶系なんか着ない・履かないだろうし。
ワシは別にそんな大したとこで働いてないので、茶系のスーツも着ますけどね。

Kennedys_at_Hyannis.jpg

さて、ワシが若い頃ときどき読んでた"Men's Club"では、よくケネディ
大統領の写真が載っていた。アイビーの象徴だったしね。しかしまあ、
もうスーツもそろそろ暑くて着てられない季節ですな。くそ暑い日本
ではアロハシャツでいいんじゃないの?なんて思ってしまうワシである。


posted by デンスケ at 07:16| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

お城と怪獣

ちょこっと歴史をやって、webで案内士試験の確認テストをやってみた。
まったく歯が立たない。日本の城の写真問題なんてまったくわからん。
ううむ。自分が見たことある(認識できる)城なんて、姫路城・大阪城
くらい。あとはどうもはっきりせんな。みんな似たようなもんだし。
天守閣に「○○城」とハッキリ書いてあればいいのにな。

小さい頃、ワシはお城というのは「怪獣が闘う場所」と認識していた。
「キングコングコング対ゴジラ」「ゴジラの逆襲」「ガメラ対バルゴン」
いっぱいあるな。大阪城なんて「ゴジラの逆襲」「ガメバル」に加えて
ウルトラマンでもゴモラにやられてたし。3回も破壊されては大阪の財
政が苦しいのもやむなしか。再建されたからいうて扱いがヒドイわ〜。



で、ワシは「キンゴジ」のラストのお城は小田原城といまのいままで思
っていたが、あれは「熱海城」というタダの観光施設らしい。どうりで
派手に壊してら。

破壊しまくるイメージの怪獣だけど、いちおう暗黙のルールはあるらし
く、「国宝は破壊しない」。そういえば「地球最大の決戦」で黒部ダム
付近で誕生したキングギドラも松本城は素通りしてたもんな。瓦が吹き
飛んだ程度。どう考えても格好のターゲットのはずだが。

「モスラ対ゴジラ」は東海地方が舞台だが、原案ではゴジラが姫路城
付近に出現→破壊というプロットだったらしい。「国宝を破壊するのは
いかがなもんか」という意見で、変更されたとか。「フランケンシュタ
イン対地底怪獣」で姫路城、ちょこっと出てきますけどね。(破壊はされない。)

昔の怪獣映画って、実は名所旧跡をめぐる観光映画という側面もあって
「ガッパ」なんかさらわれた子供を探すついでに日本観光、って趣。
案内士試験対策になるかもしれない。いやマジで。



かなりとほほな怪獣映画「ガッパ」もドイツ語だとなにか重厚に思える
のはワシだけだろうか・・・。美樹克彦のあのコブシぐるんぐるんの
主題曲(名曲)はどうなったかも気になるな。♪ガッパ、グアプァァア〜♪
posted by デンスケ at 17:52| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

歴史のお勉強

GWだというのに自宅謹慎中みたいなワシである。さすがにダレるなあ。
というわけで重い腰を上げて(実際には座ったままだけど)、日本史の
勉強を開始。飛鳥以前は放りだして、飛鳥時代から開始。

うむむ。仏教伝来。大伴金村ってどっちも苗字じゃねえかとか、藤原氏
は誰がダレかわからんぞ、とか悪態をつきながらなんとか鎌倉時代の
終わりまで。山川出版の日本史詳説をテキストにしたけど、どうしても
こういうのは出来事を点で追っていくだけなので頭に入らないな。ちょ
っと英単語集で単語を記憶するかんじ。

いちばんよく知ってるのは飛鳥時代の歴史だけど、この知識はほぼ
「日の出づる処の天使」(竹宮涼子)による。それじゃ、マンガ日本史
を買ってくればよさそうなもんだが、どっこいツマランマンガでは読む
気も起こらない。横山光輝の歴史マンガは登場人物がすべてサリーちゃ
んのパパに見えるのが難点だ。

平安時代の貴族なんて、下半身がアリジゴクみたいなのだとか、強欲
すぎて小さくなっちゃったとかそんな連想しか思い浮かばないの〜。
(マンガネタなのでわからないひとは健全だと思います。)

まあほぼ800年を2日でやったから穴だらけなのは仕方ない。

問題は案内士試験に頻出の文化史だな。××寺の○○観音像は△△美術
の代表作で・・・なんて書いてあっても実物みたことないからワカラン
がな。いや、関西出身だから一度は見てるかな。記憶にないけど。
だいいち、北魏様式とかいっても北魏なんて行ったことないし。

ヨメハンにいわせると、仏像ブームだそうだ。ホンマか?ときくと
「みうらじゅんあたりが流行らせたんと違うの」とか頼りない。ワシは
仏像なんてさっぱり興味がないから、どれも同じにしか見えない。

興福寺の阿修羅像をみても、ややこしい構造やな・・・と。それだけ。
だいいち、奈良の思い出といえば東大寺で、柱の穴をくぐるのに頭が
ひっかかってえらく痛い思いしたことくらいですがな。あと、オカンに
木刀買ってもらったとか。そうそう、奈良ホテルのティールームはいい
ですね。よくデートで利用させてもらいました。とまあ何しに奈良に
いってたのか。こんなにいっぱい美術品があったのかとオドロキを禁じ
得ない。いったい何を見に行ってたんでしょうね〜。

こんなんで通訳案内士をめざしていいもんだろうか。基本的な素養に
ギモンを感じざるを得ないワシなのである。たぶん一次で落ちそう。


しらんがな・・・
paseri53.jpg
posted by デンスケ at 23:18| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。