2010年04月12日

おたくとgeekとcoolなJapan

井上ひさしさんが亡くなられた。「ひょっこりひょうたん島」はワシが
保育園の頃に始まって、小学校5年生になるまで放映されてたから、
ワシはまさしく「ひょうたん島」ど真ん中世代である。

「吉里吉里人」がずいぶん高く評価されてたけど、ワシはこの作品は
あまりイイとは思わんの。観念的すぎて。むしろ直木賞を獲った
「手鎖心中」やら「青葉茂れる」のがずっといいのにな。
TV見てたら若いおねーちゃんキャスターが「てさぐりしんじゅう」
なんていってた。しっかりせんかい。

朝日新聞に連載されてた文芸時評は慧眼ぶりをいかんなく発揮していて
ワシの知る限り村上春樹氏をもっとも早く、高く評価していたと思う。
ご冥福をお祈りしたい。

さて、きのう本屋でマンガを探してたらナニヤラ英語がきこえてきた。
(たぶん)アメリカ人のカップルが熱心にマンガを探していて、顔も
上げずに移動してたからワシとぶつかって「スミマセン」といって
またマンガ探しを続行していた。

男の子は細身のメガネくんで見るからにおたくっぽいというか。
女の子はごく普通のかんじだったけど。留学生なのかな。
ワシはマンガ大好きだからちょっと話をしてみたかったけど、たぶん
彼らの嗜好(というか若い人)と自分とじゃ、まったく噛み合わんだろな。

政府も日本が誇るマンガ文化を多いに輸出したいみたいだけど、いったい
どんな層に受けるんでしょうね。「のだめカンタービレ」ではフランス
人のオタクが登場するけど、フランスってオタクというかマニアが多い
かんじがする。

Miles Davisの自伝を読んでたら、フランスと日本ではjazzは高く評価
されていて、とても尊敬されたけども母国アメリカじゃぜんぜんだぜ、
なんて書いてあったけど。アメリカの黒人ジャズマンはフランスに
移住した人が多いんだよな。

むかし「ひょっこりひょうたん島」が人気を集めていた頃、日本の特撮
怪獣映画も全盛期であった。ワシは東宝特撮映画が大好きでほとんどを
見ているけれど、外国でも人気だったそうだね〜。

ジョージ・ルーカスだったか(スピルバーグだったかな?)、来日して
黒澤明と撮影現場で談笑してると、助監督を務めていた本田猪四郎氏が
通りかかり、「Oh! Mr.Honda!」と黒澤監督そっちのけで話しにいって
黒澤氏が苦笑してたとか。本田猪四郎は「ゴジラ」をはじめとする
いわずとしれた東宝特撮映画の巨匠である。

とってもcoolな名作、"The Human Vapor"「ガス人間第1号」。
八千草薫がこの世のものとは思えないほど美しいデス・・・。



posted by デンスケ at 07:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

英字新聞のメリット

英字新聞を読むようにしてるのだけれど、ホンマのことをいうとワシは
新聞を読むのはあまり好きじゃないのだ。社会人失格やの。だから、
通訳案内士の一般常識試験がヒジョーに不安なのだ。

しかしながら、英字新聞にはいろいろなメリットがある。

1.揚げ物の油切りに使える。
んなもん、普通の新聞でも同じではないかといわれそうだけど、英字
新聞の上に揚げ物を置くと、たとえそれがスーパーの冷凍食品半額
セールの「白身魚のフライ」であってもあら不思議。ロンドンで食した
「フィッシュ&チップス」に早変わり。ワシはロンドンに行ったことが
ないけど、そんな気がする。

これがスポーツ紙のピンク記事だと食卓が妙に気まずい雰囲気になる。
やはりアイテムは大事やの。

2.プレゼントを包める。
ワシは金欠のオッサンなので、ヨメハンの誕生日には頭を痛める。
とりあえず一輪のバラくらいでごまかしてるんだけど、なんで花は
英字新聞にくるまれるんでしょうね。不思議だ。

これを応用すると、「ちょっと外国に行ってきてね、向こうの蚤の市
で買ったんだ」なんてそのへんの100円ショップで買ったジャンク品を
英字新聞で包めば立派に通用するんではないか。Daily Yomiuriやら
JapanTimesだったらバレるような気がしないでもないが、一般人は
そんなこと気が付きますかいな。

しかしワシは14年くらい外国いったことないのだ。とほほ。

3.図書券がもらえる。
Daily Yomiuriの木曜日に"Translate This"というコーナーがあって
英和、和英翻訳コンテストが週替わりで開かれている。
ワシは英和で1回入選して500円の図書券貰った。優秀作は2000円?
だったかな。きのう読んでたら、「前回は親しみやすい話題だったので
120通も応募がありました」と書いてあった。

多くても120人だぞ。佳作まで入れると6人くらいは入選するから、
相当確率が高い。ここを覗いてるひとなら相当英語力あるだろうから、
応募すると貰えると思うぞ。図書券はオリジナルだからカッコいいし。

それにこういうのの入選歴って意外と就職とかで評価されるとか。
「独学で英語の達人」えいみさんのサイトに書いてあった。

E-mailで応募できるからラクチン。オススメやで。


posted by デンスケ at 08:05| Comment(13) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

Bob Dylan師匠、中国公演中止

ワシの英語の恩人、Bob Dylan師匠が日本ツアーに続いて行う予定
だった中国ツアーを入国拒否されたことにより中止、香港、台湾、
韓国と続く予定だったアジアツアーを中止しちゃったとか。

なんでもビョークが中国公演をやったときにライブ中にチベットについて
言及したことがあって、中国政府当局はナーバスになってるとか。

ここんとこのボブ師匠といえば、

・911テロのあとセキュリティがきつくなった自分のコンサート会場に
ID証を持っていくのを忘れ、楽屋に入れず「俺を知らないのか!」と
警備員に逆ギレ。
・雨の降るなか、売り出し中の家を覗いていて師匠を知らない若い
カップルに不審者と間違われ通報される
・孫の通う幼稚園に出かけ、歌を披露するも「変なひとがきて、変な
歌をうたった」と園児を怖がらせる

などと、なんだかトホホなエピソードが多いのだけれど・・・。
60年代の"Don't Look Back"で見られる傲慢なまでの才能に溢れていた
頃から比べるとずいぶん枯れてきたっつうかんじではあるの。

風貌もなんだか大泉滉みたいになってきた。大泉洋ではないぞ。
昔の俳優さんで、ロシア貴族の血を引いているという怪優だ。

いまの師匠
bob-dylan.jpg

大泉滉
akira.gif


いまの師匠がなにか政治的発言をするとは思えないんだけど、やはり
60年代の反戦運動のシンボルというのは中国には具合悪いんかな。
しかし台湾や韓国ツアーもキャンセルしちゃったのは「じゃまくさく
なった」んじゃないだろか(笑)。両国の師匠のファンには気の毒だ。

2001年に来日したときは「これが最後の来日かな」と思い、見に行った
けれど、まだまだ元気なようで嬉しい限りであるな。


posted by デンスケ at 07:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。