2010年04月25日

考へるヒント

といっても、小林秀雄ではない。ワシが受験生くらいのときは現代国語
対策として小林秀雄の評論を読むよう奨励されていて、ワシも読んだの
だけれど、その内容はすべて忘れた

小林秀雄といえば、中原中也と女性の奪い合いをしたとか、そんな下世
話なことしか知らんの。しかし文学者なんつうモンは古来より下世話な
ことばかりやっていて、ときどき素晴らしい作品を生み出すのが面白い
と思うのだけれど。

このブログの最初でJaco Pastriousに少し触れたのだけれど、Jacoは
ワシの大学時代のスーパースターだった。Jacoがいたjazzバンドの
Weather Reportなんかみんなフツーに聴いていたもんな。

1982年に自己のビッグバンドを率いて来日したのだけれど、そのときの
ライブがCMに使われてたもんな。いまとは隔世の感がある。実際すごい
昔の話なんだけれど。その時のライブ。横浜球場だったかな。



こういってはなんだが、テナーのボブ・ミンツァーがいまいちだな。
このバンドのこけら落としでテナーを吹いたマイケル・ブレッカーと
比べると、R&Bテイストのこの曲にうまく乗り切ってない気がする。

ジャコはテクニック、ノリ、アイデアが抜群でエレクトリック・ベース
のイノベイターと呼ばれてるけれど、ある本(日本のベーシストが書い
たエッセイ)によるとジャコの本当の凄さは・・・。

「フレットレスベースにフレットの線を書いたこと」らしい。

エレクトリック・ベースはフレットがあるのが通常(ウッドベースは
バイオリンなんかと同じくフレットなぞない)で、これはギターから
影響を受けたんでしょうね。ベースギターなんていうし。

プレイヤーによってはフレットのないエレクトリック・ベースを使う
人もいて、ジャコもそのひとり。フレットレスベースは市販もされてる
けれど、ジャコはフレットを引っこ抜いてエポキシ樹脂を埋めて作った
とか。そんでもってわざわざフレットがあったとこに線を引いた。

なんでそんなことをしたかというと、フレットレスは音の自由性がある
けど、逆に正確な音程を出すのが難しい。それなら線を書けばいいじゃ
ないの、ってことらしい。

当たり前といえば当たり前なんだけれど、プロが指板を見ながら演奏
するのは恥、って考えがあって誰もそんなことをしなかった。しかし
ジャコはそんなことは気にせず、かっこよかろうが悪かろうが、結果と
して出てくる音がよければいいじゃない、という発想で次々と斬新な
音楽を発表しつつづけた。

英語(に限らないけれど)の勉強でもいろいろなお作法がありますよね〜。
確かにうなずけることも多々あるけれど、なんか怪しいのもたくさん。
結果として英語力が上がればいいのであって、あれができなきゃとか
これをしないとダメ!ってのはどうなのか。

勉強法っていろいろ自分で考えてカスタマイズするのがいちばんだと
思うんだけれど。まあコレは自分への自戒でもあって、やらなきゃ進歩
もないわけで。でも英検1級っても試験なんだから、点数取れたら勝ち。

問題は点数で測れない部分なんだよね・・。


posted by デンスケ at 20:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

The horror ! The horror !

AnchorsongさんのブログでStephen Kingねたを読んで、ちょっとキングを
読み直したくなったワシである。「It」あたりからどうもこりゃ?という
かんじで、以後は「グリーンマイル」を読んだくらい。でもそれ以前の
作品は片っ端から読んだ。いちばん怖かったのは「ペット・セマタリー」
ですかね。最後の一行が強烈でございました。

原書では"The Shining""Rita Hayworth and Shawshank Redemption "
"Apt Pupil"くらいしか読んでない。有名な作家だけに原書はよく見か
けるけれど、かなり手強い印象。ぶっちゃけ、悪文家かもしれない。

だいぶ前になるけど、クブリックの「シャイニング」がCSで放映されて
ヨメハンと二人で見ていた。ワシは既に見たことがあったから、ぼやっと
(嫁さん役の女優さんのが怖いよな、しかしニコルソンは手を出したん
だよな、どーしょーもない奴やな・・)などとかんがえていたのだけど
ヨメハンは心底怖かったみたいだ。

「夜中トイレに起きたらついてきて」
「アホか、マンションやぞ、『そこ』やんけ」
「・・・。×××(チビダックス)連れて行くからええわ。頼まへん」

で、実際チビダックスを連れてトイレに行ったらしい(ワシは寝ていた)が、
チビダックスもそんなアホな役はいやだったのか、さっさと帰ってしまい
怖かったらしい。

CNNを見ていたら、ビルを登るひとの特集をやっていた。なにが楽しく
て高いトコ登りたがるのか、さっぱり理解できない。まあ自分もナニに
役立つワケでもない英語やってるんだから、似たよなもんか。

ワシは実はacrophobiaなのだ。高所恐怖症だ。このしょーもないぶろぐ
読んでる人は単語ひとつ憶えられてトクしたの。んな単語、憶えても
仕方ないというなかれ。-phobiaは「〜嫌い」の意味で、広く出てくる。

Xenophobiaは「外国人嫌悪性」で、憶えとくと1級2次で役に立つかも。
実際、ワシはスピーチのとき使った。(「インターネットの功罪」が
お題だった。)しかしどっかの知事はXenophobia丸出しでいただけんの。

で、ワシの高所恐怖症なのだが、ヨメハンと「谷瀬の吊り橋」まで
ドライブしたとき露呈した。ここは奈良県の山中にある。



ワシは腰が抜けて進退窮まったのだけど、ヨメハンは呑気に、
「わ〜見て、川に魚おるの見えるで。きれいな〜」などと抜かしていた。
んなもん、まっすぐ前しか見ないと歩けんがな。
「ちょ、ちょっとつかまらせてくれ」
「ナニが怖いのん、アホかいな」とあっさり断られた。いつぞやの逆襲?
恐怖体験をしみじみ思い出すワシであった。

(ちなみに記事のタイトルはコンラッドの「闇の奥」で主人公が探す
クルツという人物が最後に呟いたセリフだ。ワシの深い教養が窺えるの。)

おしまい。
posted by デンスケ at 18:58| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

3ヶ月トピック英会話

4月からNHKの語学番組をやると誓ったワシであったが、早くも脱落寸前
である。あれもこれも魅力的だけど、自分のトホホさには気がついてい
るので、「3ヶ月トピック英会話」だけはキチンとやろうと思った。
3ヶ月どころか、1月も終わってないのに1回も見てない。

けさこの事実に気づき(テキスト買ってた)、あわてて録画した次第。
ジョン・ダワーのインタビューだしな。あぶねえとこでした。

ジョン・ダワーは「敗北を抱きしめて」原題:"Embracing Defeat"の
著者だ。ワシも読んだけど、名著だと思う。原書も持ってるけど、早々
に挫折して翻訳で読んだのだ。非常に興味があった。

氏の著作はともかく、英会話という点に関していえば・・・。

氏は確か奥さんが日本人で、滞日期間も長いはず。ゆっくりとした喋り
で分かりやすいですな。番組は字幕が目に入るのでどうも邪魔。
どうしようかと思ったが、メガネを外せば字幕も見えない近視なので
一件落着。カシコイな(笑)。

こういってはなんだが、難しくはないな。なんせ初めてこの番組を見る
ので、普段のゲストの喋りがどんなのか分からないのではあるが。
マーシャ・クラッカワさんの英語はさすがに分かるな。

CNNのキャスター連中のhardcoreな喋りと比べると、すごく優しい喋り
やの〜。Michael Homes,Richard Quest、あんたらだ。気楽にペラペラ
喋りやがって。ナニいってるのかさっぱり?で苦労してるんだぞ。
特にRichard Questはもうちょっと落ち着いて喋りなさい。

来週も見ようと思うが、録画するの憶えてるかどうか(笑)。
いかんな〜。
posted by デンスケ at 21:27| Comment(2) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。